« 安倍官房長官の戦没者追悼を切望する官房長官談話 | トップページ | 北の海でまた一人同胞が殺された! »

2006年8月15日 (火)

小泉首相の終戦記念日 靖国神社参拝の英断を心から支持します

 昭和61年8月15日、中曽根康弘首相(当時)が、靖国神社に参拝をして以来、21年ぶりに終戦記念日に小泉首相が靖国神社を昇殿参拝。

 今年は、昨年を上回るほどの方々が靖国神社参拝に列をつくった。各地の護国神社にも御参りする人が多く見られた。靖国神社周辺で、カルトモドキのストーカーが執拗に靖国参拝阻止の暴力行動を起こそうとしたたが圧倒的な警備に鎮圧された。不愉快極まる連中ではあるが、怪我などしていたら彼らにとって「名誉の負傷」ということになるのだろうか。

 YAHOOサイトで、ネット投票を行っていた。その結果は、圧倒的に参拝支持容認だった。

 今年の全国戦没者追悼式において河野衆議院議長は、戦争責任の追及を主張した。政治裁判でもやるつもりなのだろうか。

 小泉首相が語った参拝理由は、ところどころ承服できない部分はあるものの、大筋において立派なものだと思う。二十年余りに渡って続けられてきた、中韓両国の精神的・思想的・政治的な侵略に対して、ようやく踏みとどまったという意義ある今日の参拝だったと思う。次は反転攻勢に移らねばならない。

 反撃の中で、真の歴史を明らかにしていこうではないか。朝鮮半島に存在した国家がいかに脆弱であり、不安定要因となって東洋の動乱を招いたか、半植民地状態に陥り、軍閥割拠の戦国時代であった中国大陸において、責任ある政府が皆無な状況であった当時の現実について、こうしたことはかの国々の覆うことの出来ない歴史である。そして、現在も、その延長線上にある。中国人民の人口の7割を占めるといわれる農村部の人民の惨状や、少数民族に対する弾圧、民族浄化。世界最後の植民地帝国中国に対して、毅然たる外交を展開しなければならない。

 また、歴史の中で、言われ無き汚名を被された先人の名誉回復を図っていかねばならない。戦争は国益と国益のぶつかりあいであればこそ、双方共に正義も悪もあるのである。戦時国際法のルールはいかに守られ、そしれ破られたのか。雪がれるべき汚名は無数であると思われる。

【産経Web平成18年8月15日11時42分】より


 首相「戦争犠牲者に敬意の念」 靖国参拝理由を説明

 15日午前、靖国神社参拝を終えた小泉純一郎首相は記者団のインタビューに答え、8月15日に参拝を行った理由を説明した。首相インタビューの一問一答(全文)は次の通り。


 ――どのような気持ちで参拝したのか

 過去の戦争を反省しつつ、2度と戦争を起こしてはならないと。今日の日本の平和と繁栄は現在生きている人だけで成り立っているのではない。戦争で尊い命を犠牲にされた方々の上に今の日本がある。戦争で祖国、家族のため命を投げ出さなければならなかった犠牲者に、心から敬意の念をもって参拝している。その気持ちは変わらない。 過去5年間の私の靖国神社参拝に対する批判は3点に要約される。

 1つは中国・韓国が不愉快で反発しているからやめろという意見。私は日中・日韓友好論者だ。就任以来、中国や韓国との友好交流の拡大を続けている。どの国とも1つや2つの意見の違い、対立はある。不愉快なことがあると、首脳会談を行わないことがいいのか。私は「いつでも首脳会談を行う用意がある」と言っている。靖国神社を参拝をしなければ首脳会談を行う、するならば首脳会談を行わないというのが、はたしていいのか。よくない。日本の首相は民主的な手続きによって選ばれている。私は今までの日中首脳会談、日韓首脳会談においても「未来志向で友好を図っていこう」「互恵、相互依存関係を深めていこう」「中国の発展、韓国の発展は日本に脅威というより、むしろ日本にとってチャンスなんだ」ということを表明してきた。

 私を批判する方は「中国の嫌がっていることはやるな」という。「中、韓が不快に思うことはやるな」ということだろう。中韓が日本の国連安保理常任理事国入りに反対していることは日本にとっては不愉快だとして、私が「中国、韓国と首脳会談を行わない」と言ったら、どちらを批判するだろう。私は中、韓が反対しても「首脳会談をすぐに行おう」と言っている。私が拒否しているのではない。「中国の嫌がることはやめなさい」というのが靖国参拝への批判の1つだ。

 「中国に不快な思いをさせてはいけない。中国、韓国の言うことを聞きなさい。そうすればアジア外交はうまくいく」。必ずしもそうではない。どの国も意見の違いを乗り越え、未来志向で友好関係を進展させていくのが日本としても、他国としても大事ではないか。中には「ブッシュ大統領が靖国参拝するなといえば、しないだろう」と。そんなことはない。ブッシュ大統領が「靖国参拝するな」と私に言ったとしても、私は行く。大統領はそんな大人げないことは言わない。

 もうひとつはA戦戦犯が合祀(ごうし)されているから行ってはいけないという議論。私は特定の人に対し参拝しているのではない。この戦争で苦しい思いをされ、できれば避けたかった、戦争に行きたくなかった、多くの兵士がいる。そういう犠牲者に対し、心から哀悼の念を表すべきだ。これは日本の文化ではないか。A級戦犯のために行っているのではない。2度とこのような苦しい戦争をさせないという気持ちで参拝している。

 3点目は「憲法違反だから靖国神社参拝しちゃいかん」という人がいる。憲法第19条、20条をよく読んでもらいたい。私は神道を奨励するために靖国神社に行っているのではない。過去の戦争を美化、正当化したりするために行っているのではない。また軍国主義を称揚するような気持ちで行っているのではない。第19条の思想および良心の自由はこれを侵してはならないとある。まさに心の問題だ。日本の首脳が、日本の施設にお参りすることを「外国の政府がもっともだ」「小泉がいかん」と批判する。これが本当にいいことなのか。

 ――なぜ8月15日を選んだのか

 最初、多くの方々が「8月15日だけはやめてくれ」と言っていた。そういう方々の意見も聞き、あえて15日を避けて参拝してきた。しかし8月15日を避けても、いつも批判や反発が起きる。何とかこの問題を取り上げようとする勢力(がいる)。いつ行っても同じだ。今日が適切な日だと判断した。

 ――総裁選への影響は

 総裁候補の考え方とマスコミが争点にしたがっている面が強いから、いかがなものだろうか。

|

« 安倍官房長官の戦没者追悼を切望する官房長官談話 | トップページ | 北の海でまた一人同胞が殺された! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/11452958

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉首相の終戦記念日 靖国神社参拝の英断を心から支持します:

» 松平永芳宮司の思い出〜その2 [日本大好き、好きです早稲田日記]
 靖国神社への天皇陛下の御親拝が途絶えた理由が、「A級戦犯」合祀によるものと、一般には流布されている。7月20日に「日本経済新聞」が「昭和天皇不快感」と富田メモを断定的に報じてより、その傾向は一層強まった。地上波放送の各局のキャスター、コメンテーターも、知...... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 午後 08時29分

« 安倍官房長官の戦没者追悼を切望する官房長官談話 | トップページ | 北の海でまた一人同胞が殺された! »