« 小泉首相の終戦記念日 靖国神社参拝の英断を心から支持します | トップページ | 富田メモが日経記者の手に渡った時期について2つの情報の真偽は? »

2006年8月16日 (水)

北の海でまた一人同胞が殺された!

◆日本漁船銃撃1人死亡・ロシア警備艇が拿捕

  第一管区海上保安本部(小樽)に16日午前入った連絡によると、北方領土歯舞諸島の貝殻島付近の海域で、根室湾中部漁業協同組合(北海道根室市)所属のカニかご漁船「第31吉進丸」(4.9トン、坂下登船長)がロシア国境警備艇に銃撃、拿捕(だほ)された。一管本部が確認を求めたところ、ロシア側は乗組員4人のうち1人が死亡したと回答。同本部は巡視船などを現場海域に派遣し、確認を急いでいる。
  一管本部によると、銃撃され死亡した乗組員は根室市の盛田光広さん(35)と判明。
(以上、日経新聞より)

麻生外相、謝罪と遺体の引き渡し求める…漁船拿捕事件

 北方領土の周辺海域で日本漁船がロシア国境警備隊から銃撃を受け、拿捕(だほ)された事件で、日本政府は16日、外交ルートを通じてロシア政府に厳重に抗議し、<1>死亡した乗組員の遺体の速やかな引き渡し<2>他の乗組員、船体の即時解放<3>銃撃した人物の処罰――を求めた。

 しかし、ロシア側は、漁船がロシア領海を侵犯したとし、正当な対応だったと主張した。

 麻生外相は16日夕、ロシアのガルージン駐日臨時代理大使を外務省に呼び、「日本の領海内で起きた事件であり、容認できる話ではない。日本人の生命が失われたのはゆゆしき事態だ」として、謝罪と遺体の引き渡しなどを求めた。
(読売新聞) - 8月16日20時53分

北の海で同胞がまた一人殺された。北方4島は北海道に付属する諸島であり、サンフランシスコ講和条約でも日本は放棄していない。放棄したのは千島列島であり、北方4島はこれに入らない。60年以上にも渡る隣国の不法占領と軍事基地化。麻生外務大臣が即時抗議をしたのは評価できるが、この不法な殺人と拿捕を許してはならない。敗戦の火事場泥棒的に不法占拠した北方領土を返さぬロシアの脅威は継続している。北方領土からロシアの軍隊の即刻退去と、期限を切った施政権の段階的返還、そして完全なる移譲を速やかに遂行せよ。北方領土に滞在するロシア人の帰国をロシア政府の責任において同時並行で促進せよ。再び北の海を悲劇の海としないことをロシアに確約させよ。これは日本が断固として譲ってはならない国家の根幹に関る問題である。

|

« 小泉首相の終戦記念日 靖国神社参拝の英断を心から支持します | トップページ | 富田メモが日経記者の手に渡った時期について2つの情報の真偽は? »

コメント

ロシア国境警備挺の銃撃を受け亡くなられた乗組員の盛田光広さんに追悼の意を表します
かつては日本の国土であり不当に占拠された歴史を顧み 又 その時我が同胞の為に自らのからの命も省みず電話交換手としての務めを果たし命を絶たれた乙女らの姿を思えば、北方領土は我が国の領土であると名言することが慰霊になるかと思われる ロシアが北方領土を自国と主張し我が同胞の命を簡単に奪う前に 国として北方領土はせいとうな領土であるのか確認してほしい

投稿: はるか | 2006年8月18日 (金) 午後 04時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/11469524

この記事へのトラックバック一覧です: 北の海でまた一人同胞が殺された!:

» つくる会内紛、番外編 [日本大好き、好きです早稲田日記]
 去る8月15日、人権擁護法案を考える市民の会(平田文昭代表)主催で、「保守なる人びとに問い質したきこと、これあり」という国民集会が、都内の内幸町で開かれた。集会は第一部平田代表の「人権全体主義との対決」との提言の後、くだんの西尾幹二氏(元新しい歴史教科...... [続きを読む]

受信: 2006年8月17日 (木) 午後 03時49分

« 小泉首相の終戦記念日 靖国神社参拝の英断を心から支持します | トップページ | 富田メモが日経記者の手に渡った時期について2つの情報の真偽は? »