« 深読み | トップページ | 暑い夏 靖国を思う »

2006年7月29日 (土)

ハンナ・アレント「革命について」読書中

 ハンナ・アレントを読み込もうと思っているが、さすがに小説を読み飛ばすようなわけにはいかず、表題の論文も2ヶ月以上も持ちまわりながら、まだところどころ拾い読みしている段階である。

 「革命」という政治現象は、近代以前には存在しなかったものであり、政治学の対象としても新しい部類に属するものだという。20世紀が「戦争と革命」の世紀であったことは、21世紀に入って歴史対象となって確定した史実になったようにも思われるが、「戦争」という人類最古の現象と、「革命」という新しい現象が並び称され、いわばセットになって進行してきた面も興味深い事柄である。

 「革命」とは何か、について意外と確定した定義を述べることは難しいのではなかろうか。

 アレントのこの著書では、二つの革命、即ち、フランス革命と、アメリカ独立革命を比較対照しながら議論を進めていくが、前者を失敗した革命、後者を成功した革命、と位置づけていることは面白いことである。

 この文章は雑談なので込み入った話は避けたいと思うが、フランス革命をいわば神話化して其の延長に位置するロシア革命とともに、近代の金字塔のように考える思考に、極めて深刻な奈落の底をのぞくような落とし穴があるのではないか、という認識は大切なもののように思われる。

 大体、唯物弁証法は、人間の精神の自由を原理的に認めることは出来ない。全ては歴史の必然として弁証法的に進歩発展するのであり、如何なる虐殺や悲惨な社会現象も、歴史の弁証法的発展のためには許されるどころか積極的に肯定されるという側面さえ存在する。

 革命思想とは何であるのか。保守主義は革命に対する警戒から生まれた思想であるといわれるが、革命思想の本質を的確に捉えることは、決して過去の課題ではなく、現代の課題でもあると思われる。

 歴史や伝統、文化を破壊しようとする動きは、近年の方が活発かつ巧妙になってきている。ぐうたら保守は、知らず知らずのうちに革命に加担しているという現象まで起ってきる。内心の自由など、革命派にとっては本質的な価値ではなく、戦略的に利用されるべき価値でしかない。やがて、左翼全体主義の社会体制を構築を許したが最後、内心の自由など全く存在を許されない社会が現出することになるのは、「革命思想」の本質を捉まえれば自明のことに過ぎない。

 「言論の自由」が戦略的な価値でしかないことは、左翼フェミニストたちが自ら明言しているところであって、日教組などが国旗国歌反対闘争の理論的装いに「内心の自由」を持ち出すのも戦略でしかない。彼らは、国旗を大切に思う心も、国歌に込められた国の祈りに感応する心も全く認めようとはしないのであるから、彼らが「内心の自由」を本質的価値として捉えているなどということは有り得ないことは、表面だけ見ても透けて見えることなのだ。

 アレントは、アメリカ独立革命を成功した革命と捉えている。では、「革命」とは何であるのか、その概念規定を明らかにしていくことは、自分の認識を確立するために重要な課題だと思われる。

 ちなみに、この間、近所の大型書店で、ハンナ・アレントのミニフェアをやっていたが、この「革命について」は其の中においていなかった。同じちくま学芸文庫の「人間の条件」は置いてあったので、意図的に排除されたのではないかと勘繰った。そうでなければ、不見識としかいいようがない。

|

« 深読み | トップページ | 暑い夏 靖国を思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/11140865

この記事へのトラックバック一覧です: ハンナ・アレント「革命について」読書中:

« 深読み | トップページ | 暑い夏 靖国を思う »