« 現代の鬼を生み出したもの | トップページ | 靖国神社の社頭にて祈るということ »

2006年7月20日 (木)

いわゆるA級戦犯に関するメモ ~その背景について考える~

 昭和天皇のお言葉を記したメモが出てきた、というニュースが朝日、NHKなどで流れている。元宮内庁長官だった富田朝彦氏の家族が保管していたという。いわゆるA級戦犯合祀が昭和天皇が靖国神社にご親拝しなくなった原因だというものだが、この「説」自体は別に真新しいものではない。

 しかし、敵国から見れば犯罪者でも、我が国からすれば忠臣である、ということを東京裁判当時にお述べになられていた昭和天皇が、戦勝国が決め付けたA級戦犯という評価自体を是とされたとは思われない。

 また、メモがどのような経緯で残されたものか、時、場所、場面、立ち会った人など、史料として基本的な点が不明なので、史料としてどの程度価値のあるものなのかを判定することも現段階では出来ない。

 それにしても、効果としては、昭和天皇を利用して、首相の靖国神社参拝を牽制するという、天皇の政治利用そのものとなっている。当然、その政治効果を期待しての取り上げだと思われるが、これは皇室典範の有識者会議の際に、「陛下のご意向」論が流布されたのと構図としては同じである。

 メモそのものがどの程度の意味があるのかについての冷静な判定などそっちのけで、センセーショナルに取り上げるのは一種の洗脳効果を狙ったものと思われる。富田氏が故人であるから、詳細に渡る確認など出来るはずもなく、そのメモが 昭和天皇のご真意である、というように流布させて、それが定着していく、という筋書きなのだろう。

 松岡洋右や白鳥敏夫といった日独伊三国同盟の立役者らについて、昭和天皇が内心ご不快をお持ちであられたとしても、必ずしも不思議ではない。
 しかし、それとこれとは話が違う。では広田弘毅はどうなるのか、ということになる。話が出来すぎているように思えてならない。

 敗戦の汚辱を引き受けた形で復讐裁判の槍玉に挙げられたのがいわゆるA級戦犯である。国内法においても国際法においても犯罪者ではない。敵の復讐の楯となって亡くなった方々なのである。その一点において、戦死されたご英霊の方々に通ずる。英霊の祭祀は公のことである。その人物の歴史的役割の評価という問題とは自ずから別の面があると思う。

 これからも、昭和天皇のご真意を巡るさまざまなメモのようなものが出てくると思われる。しかしそれは、真贋も含め、きちんとした精査がなされて、歴史の問題として判定されるべき問題であって、生々しい政治問題の証拠書類のような扱いがなされるべきでは断じてない。

 昭和の歴史の評価が確定するには、まだまだ長い年月が必要だと思われる。旧ソ連関連史料が明らかになるにつれてまた新しい側面が明らかになりつつある。共産中国が崩壊した暁には、また驚くべき史料が出てくることも充分考えられる。敗戦という結果だけから見れば、当時の指導者層の責任を論うことなど幾らでもできる。しかし歴史の判定となると自ずから別になるのではなかろうか。また、歴史認識や解釈によって靖国神社に御祭りされているわけではない。あくまで護国の英霊としてである。靖国神社は、護国の英霊をお祭りする神社である。国のために尊い命を落とされた方々の御霊が御祭神である。明治天皇の思し召しで東京招魂社から靖国神社とされたお社である。このことは決して軽んぜられるべきではない。

|

« 現代の鬼を生み出したもの | トップページ | 靖国神社の社頭にて祈るということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/11032737

この記事へのトラックバック一覧です: いわゆるA級戦犯に関するメモ ~その背景について考える~:

« 現代の鬼を生み出したもの | トップページ | 靖国神社の社頭にて祈るということ »