« 皇室の伝統を守る一万人大会 | トップページ | 敗戦で失われたもの~河村幹雄博士の場合~ »

2006年3月24日 (金)

見直される武士道/「国家の品格」100万部突破の影響?

●毎日新聞にこんな記事が掲載されていました。

オヤジと武士道
 <はたらく人のおもしろ本音>

 「武士道」が最近、脚光を浴びている。証券市場を舞台に繰り広げられた若い経営者の猛進劇と過ちは、日本人の美しい精神風土への回帰を促す格好の材料となったようだ。

 「義」「勇」「仁」など、武士道の精神なんて古臭いことを……。数年前なら確実に笑い飛ばした私。でもチョット待てよ、と思いなおす今日このごろなのだ。

 多くの人の流れが交差する主要駅の構内。少しタイミングを誤ると、すぐに誰かとぶつかる。先日もそうだった。目の前の若者が急に方向転換し、私の歩みが少しもたついた。そのときだ。真正面からわき目も振らず突進してくる一つの影。「あ、やられる」

 ものすごい勢いで右肩をどつかれ、転びそうになる。振り返ると、やっぱりオヤジだ。そう。猪突(ちょとつ)猛進、絶対に道を譲らないのは、なぜかいつもオヤジなのだ。

 道を譲る思いやりの心、いたわりの心はいずこへ。「武士道」って、あなたたちが語り継いできた、専売特許の精神なんじゃないの?

 あるベストセラー書が、日本人の「美しい情緒と形」の大切さを説いていた。多くの読者同様、私も共感。オヤジとすてきなおじさまの境界線は「品格」にある! 若者に礼儀を問う前に、その見本となるべきオヤジさんたちよ、自分の品格について、今一度、考えてみておくれなさいまし。(れこ)

毎日新聞 2006年3月20日 東京朝刊

僕の感想

オヤジというと50代〜60代位の年代をいうのだろうか?この記者の勘違いは、この世代は「団塊の世代」で、その前の世代の価値観を否定した人たちが年を取って「オヤジ」になった、ということだ。つまり、今のフツウのオヤジは、世代的に「武士道」など否定してきた人たちなのである。

「武士道」を体現した人物など、いまや日本中を探してもまず見つからないだろう。

竹本忠雄氏が紹介しておられた話だが、アンドレ・マルローが、昭和天皇に拝謁した際、武士道の話を熱心に語ると、昭和天皇が、「あなたは一人でも武士に会いましたか?」と仰せられたという。

この記者にも、武士道精神のないオヤジを批判するのもよいが、武士道精神のある男に見合う、大和心を持った女をも見直して欲しいもの、と思われた。結局、世界最高の女性であったやまとなでしこがいなくなったことと、武士道精神を体現した男がいなくなったことは、一対の事柄なのだということも、やがて気付かれるようになるだろう。

|

« 皇室の伝統を守る一万人大会 | トップページ | 敗戦で失われたもの~河村幹雄博士の場合~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見直される武士道/「国家の品格」100万部突破の影響?:

« 皇室の伝統を守る一万人大会 | トップページ | 敗戦で失われたもの~河村幹雄博士の場合~ »