« 皇室典範改定問題は、今国会上程阻止が最終目標ではない! | トップページ | 神風 »

2006年2月10日 (金)

後桜町天皇御製

後桜町天皇御製

寄民祝国  (安永十年)

民やすきこの日の本の国の風なほただしかれ御代のはつはる

 安永八年に、後桃園天皇が22歳の若さで崩御され、遡って東山天皇の皇子により創出された閑院宮家の祐宮さまが9歳で皇位を継がれた。第119代光格天皇である。

後桜町上皇は、幼帝の院政をおとりになり、天皇としてのご教育に当たられた。御歳40歳の頃のことである。

諒闇があけて、初めての正月を向え、詠まれた御製である。

「日の本の国の風」が「なおただしかれ」と祈られているのである。「御代のはつはる」とは、なんと清清しい表現であろうか。

最後の女帝、後桜町上皇の祈りが、光格天皇から仁孝天皇、孝明天皇、そして明治天皇にいたる歴史を切り開き、幕末を乗り切り、近代国家創出のエネルギーへと転化していったように思われてくる。

男系継承を守り抜いた後桜町天皇のご遺志をお偲び申し上げるべき時ではないかと思われる。

そして、平成の新井白石が出るべき時である。

|

« 皇室典範改定問題は、今国会上程阻止が最終目標ではない! | トップページ | 神風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後桜町天皇御製:

« 皇室典範改定問題は、今国会上程阻止が最終目標ではない! | トップページ | 神風 »