« A級戦犯=曲学阿世の元凶/所功氏 | トップページ | 左近の櫻、右近の橘 »

2006年1月16日 (月)

えっ、自衛隊って、憲法に書いてないの?それって、おかしいんじゃない??

ものは言い様だと、つくづく思う。

憲法九条墨守の運動がいたるところに目に付くようになった。

九条を変えようなどという奴は、軍国主義者で右翼で、平和の敵で、人民の敵、などぞろぞろと色々なレッテルが準備されている。その身振り手振りがいかにもきな臭い。

さて、では、こういってみたらどうだろう。

「自衛隊は憲法に規定されていません。憲法に自衛隊をきちっと書いて下さい。」

この問いかけに対して否という人は、確実に少数派だ。

現在進行形で大雪の災害に救援に当たっている陸上自衛隊の活躍など、国民も良く知るようになった。10年前、阪神淡路大震災の時、救援に赴いた自衛隊に対して、「自衛隊は帰れ」などという横幕を出して反対したという市民派グループなど、今度はよもやあるまい。

防衛庁の省昇格がこの通常国会で論議される模様だ。「防衛庁」は内閣府の管轄下にあり、国会に独自に法案を提出することが出来ない。防衛省になれば、独自に国会に法案を提出することが可能になる。

何が違うかといえば、それだけ迅速に危機に対処できるというわけだ。このことは大切なことである。

憲法には書いていないが、戦後の日本にとって、自衛隊は黙々と国の守りに着いてきた。

憲法改正に関する国民投票法案も国会に上程される模様だ。

自衛隊という国を守るための大組織が、憲法に規定されていないということは、大変おかしなことである。

是非とも、自衛隊を憲法の中にきちっと書くようにして欲しいものだ。


|

« A級戦犯=曲学阿世の元凶/所功氏 | トップページ | 左近の櫻、右近の橘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/8192606

この記事へのトラックバック一覧です: えっ、自衛隊って、憲法に書いてないの?それって、おかしいんじゃない??:

« A級戦犯=曲学阿世の元凶/所功氏 | トップページ | 左近の櫻、右近の橘 »