« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月23日 (金)

「神皇正統記」に学ぶ 〜言語は君子の枢機なり〜

「正論」などに次々と論文を発表している外務省官僚の佐藤優氏が取り上げてから、「神皇正統記」がちょっとした話題になるようになった。これは誠に喜ばしいことと言える。

「神皇正統記」は、吉野朝廷の忠臣であり、主柱でもあった、北畠親房公が、新帝、後村上天皇の為に著したものと言われている。

現在の歴史の中では殆ど語られない、後醍醐天皇を中心とする建武中興とその後の南北朝の時代は、皇統が二つに分裂し、京都に室町幕府の奉ずる持明院統の北朝と、公武一統の政治をめざす後醍醐天皇の遺詔を奉ずる南朝が、二つながら存在した前後五十余年に渡る混乱の時代である。

山本七平氏は、この日本史をこの時期を境として、前期天皇制と後期天皇制という区分をしたが(「日本の歴史」上下)、この時期が日本の歴史の上で、急所であることは間違いない。

日本最大の忠臣と言われた楠木正成公とその一族が、南朝の為に一族尽く身命を捧げて歴史に埋もれていったのもまさにこの時代である。

国家の中心が二つに分裂するということが何を意味するかといえば、全国各地が、二つの正統の間に分裂し、互いに抗争するという事態が起こるということであった。それは政治思想の対立である以上に、皇統という日本の国家統治の正統性が並立したことによって惹起したと言える。

「正統」とは何か。この未曾有の悲劇の中で、北畠親房は、南朝の正統性を、強烈な確信の下に書き表したのである。

それが「神皇正統記」なのである。建武三年(1336)12月21日、三種の神器を奉じて後醍醐天皇は吉野に行幸、ここに南北朝の分裂が始まった。延元三年(1338)、5月22日、親房の息子顕家が戦死する。9月、義良親王を奉じて東国に出帆するが、暴風雨により、義良親王は伊勢に戻り、親房は常陸国東条浦に着き、神宮寺城に入る。後に小田城に入る。延元4年8月15日、後醍醐天皇が崩御し、義良親王が即位した。そして、この秋に、「神皇正統記」が成立したのである。この間一貫して、結城親朝に奮起を促す工作を継続しているのである。

この背景を考えた時、「神皇正統記」が、後醍醐天皇の忠臣として、南朝のイデオローグとしての強烈な正統意識の下、これを新帝陛下に捧げるため、延いては大義を天下に闡明するために、血肉を絞って綴ったものであることが判る。

さて、乱世はなぜ生じるのであろうか。親房はこれに明快に答えている。

『「言語は君子の枢機なり。」といへり。あからさまにも君をなひがしろにし、人におごることあるべからぬことにこそ。さきにしるしはべりしごとく、かたき氷は霜をふむよりいたるならひなれば、乱臣賊子といふものは、そのはじめ心ことばをつつしまざるよりいでくるなり。世の中のおとろふると申は、日月の光のかはるにもあらず、草木の色のあらたまるにもあらじ。人の心のあしくなり行を末世とはいえるにや。』

乱臣賊子というものは、最初に心驕り高ぶり、言葉を慎まないところから出現するものである。世の中が衰えるというのは、太陽や月の光が変わるというのではなく、草木の色が改まるというのでもない、人の心が悪くなって行くことが、「末世」ということになるのではないか!北畠親房の血を吐くようなこの叫びは、現代にもそのまま通じるのではなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

皇室典範に関する有識者会議報告書 批判 その2

前回は、新聞発表されたもので「全文」を見て、率直に気付いた点をランダムに批判した。
今回もその域を出ないものではあるが、官邸のホームページで公開された報告書を見ると、新聞に載っていない資料も多くあった。

それにしても、冒頭にある「基本的な用語の説明」からして、極めてずさん、意図的な歪曲が加えられていると思わざるを得ないものである。

「皇統」の説明は「歴代の天皇からつながる血統のこと」とシラっと流している。

こんな一言で済ませられるほど、「皇統」は「軽い」ものなのだろうか!?驚くべき貧困さである。

文科系の人間としては、これではとても「皇統」について、しみじみとした実感を感じ取ることはできない。

そもそも皇室典範は「皇位継承法」が中心の「家法」である。「皇統」の護持が当然のことながら決定的に重い内容である。その「皇統」に関するこの貧寒な説明は、まず、「報告書」の貧困さを暗示して余りある。

そして、極めて不十分な説明でもあろう。「皇統」は「歴代の天皇からつながる血統のこと」では、そもそも「皇統」の淵源はどこにあるのか、ということの十分な説明になっていない。はっきり言えば、「天祖はじめて基をひらき、日神ながく統を伝給ふ」(神皇正統記 天)ということになる。第1代天皇の即位以前の神話時代を、無視してはそもそも「皇統」の説明は出来ない。また、「歴代天皇の血統」ということで言えば、臣籍降下した皇別の家系はそれこそ膨大なものになる。極端な話、この説明だけで言えば、日本国民全体が「皇統」に連なる、ということになる。そしてそれは事実でもあるのだが、このような理解は「皇統」という言葉の理解としては端的に誤っているといわざるを得ない。
最も重要な定義からして、このざまででは、後は推して知るべし、ということになる。

「皇族」「皇籍離脱」にしても言いたいことは山ほどあるが、「男系・女系」の説明の段では、早くも、「女系容認」というよりも「女系願望」とでも言い得るような書きざまになっているのである。

天皇(男子)―――女子A(男系女子)===男子C(女系男子)===男子G(女系男子)
         |              ‖
         |              ‖=女子D(女系女子)===男子H(女系男子)         |
         |
         |―男子B(男系男子)―――女子E(男系女子)===男子T(女系男子)
                         |
                         |―男子F(男系男子)―――女子J(男系女子)
                                        |
                                        |― 男子K(男系男子)

この図を見れば、この「用語の説明」をつくった人間(官僚か?)が、如何に「男系」を貶めたいと思っているか、一目瞭然であろう。「男女平等」という言葉さえ「女男平等」と言い換えなければ気の済まない、「ジェンダーフリー」原理主義者でなければ、このような書き方は出て来ないだろう。この書き方から伺われるのは、一段目に記されたとおり、男系女子から女系男子、そして女系男子に受け継ぐというコースへの願望であるが、「男系」の視点からすればそれは、「皇統」とは別の「男系」に移行する事態を意味することは、一目瞭然である。この図を作成したものが、最も忌避したいケースが、次々と下段に追いやられていく「男系男子」による継承であると見てよいだろう。

このような悪意が冒頭から撒き散らされた「報告書」が、いい結果を生み出すはずがない。この図を冒頭に掲げている以上、この会議に参画した「有識者」の面々は、無知のゆえに断罪されるのではなく、悪意ゆえに断罪されなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

必見!「男女平等バカ」〜ジェンダーーフリーはモテない女のヒガミである〜

別冊宝島Real069として出た「男女平等バカ〜ジェンダーフリーはモテない女のヒガミである/年間10兆円の血税をたれ流す”男女共同参画”の怖い話!」は、ふつうに暮らしている、常識ある庶民が、常識ある暮らしを守るためにぜひとも目を通しておくべきものであると思う。

10兆円とは、国家予算の六分の一近い数字である。国を守る防衛費が約3.5兆円だから、国防予算の3倍近くという途方もない予算が、「男女共同参画社会基本法」に基づく「男女共同参画行政」に注ぎ込まれている。

その内実がどのようなものか知ったら、ふつうの常識ある庶民は怒りを通りこして呆れ果て、このようなものに賛意を示す政治家を総スカンすることは明らかだ。未だにものの判っていない「保守」系の議員が、票稼ぎになると思って「男女共同参画」を掲げているが、不見識も甚だしいと言わなければならない。

毒薬もオブラートに包んで飲まされれば、暫くは生きられるかもしれないが、やがて毒が全身に回って死ぬしかない。その毒薬を、毒薬とも知らずに、子供たちをはじめ、健全な人々に、時には強制的にでも飲ませているのが、「男女共同参画」である。

「ジェンダーフリー」という狂気を背景としたこの人格破壊をもたらす、文字通りの「上からのファシズム」、フェミナチと呼ばれる推進者たちのこれ以上の跋扈を許してはならない。

さて、この文章は、紹介で書いているので、目次を転記してみよう。

第1章 過激セックス&ジェンダー教育が国を滅ぼす!

  教育現場からの告発! ついにここまできた!子どもをセックス漬けにする過激性教育の実態

  性教育だけじゃない!  偏向教師たちに支配された倒錯のジェンダーフリー教室

  ジェンダーフリー思想拡散の黒幕 「日教組女性部」の正体

  現在も各地の教室で使用  ジェンダーフリーを教える”洗脳”ビデオ教材のいかがわしさ

第2章 男女平等利権

  県予算の三分の一がジェンダーフリーに! 堂本暁子 狂気のフェミナチ千葉県政

  「内面の自由」を侵害する自治体  これが全国各地の”トンデモ”ジェンダーフリー条例だ!

  男女共同参画御殿1 東京ウィメンズプラザ 石原慎太郎に阻止された過激フェミニストの野望

  男女共同参画御殿2 クレオ大阪他 同和利権か!? 乱立する「男女共同参画センター」の謎

  男女共同参画御殿3 国立女性教育会館(埼玉) フェミニズム真理教のサティアン「ヌエック」見学ツアー

第3章 ジェンダー冤罪の構図

  あなたの職場は大丈夫? ジコチュー女が仕掛けるセクハラ冤罪の構図

  秘 現役女子大生・卒業生匿名座談会 「男はみんなレイプ犯」と教えるブキミなフェミ講座

  妻子が消える! 世紀の邪法「DV防止法」は家族解体法である!

  男を全員痴漢扱い 日本の恥「女性専用車両」はフェミニストが仕掛けた罠か!?

第4章 国家解体法成立の起源

  ”国家解体法”出征の秘密 男女共同参画社会基本法 おぞましい悪魔の法律はこうしてデッチあげられた!

  ジェンダーフリーはまるで中国の文化大革命だ

  フェミニストたちの葵の御紋 「男女共同参画社会が少子化を防ぐ」論を完全論破する!

  これに共感できればあなたもフェミニスト!? [特選]国内有名フェミニストの妄言・珍言・暴言集

  異議アリ! 男女共同参画が皇統・国家を滅ぼす

第5章 「国連」と「先進国」に騙されるな!

  もう一つの伏魔殿 国連主導のフェミニズム世界革命に「ノー」を!

  強姦事件発生率は日本の20倍! 欧米型「姓の自由主義」の大誤算!

  韓国フェミニズム 儒教型家父長制をゆるがすフェミの声

  「男の子でも育て方で女の子になる」 狂気の人体実験「ブレンダと呼ばれた少年」の悲劇

   〜以上、目次紹介 一部省略〜

 見出しが過激になるのは、批判しようとしている対象自体があまりにも常識はずれなものであるためである。あまり免疫のない人は、フェミニストの生の声を聞いたら吐き気を通り越して卒倒してしまうかもしれない。それ位「異常」なのである。しかも、第1章にあるように、義務教育現場で、この狂気の思想による洗脳が、子供たちに強制的に施されているのだ。自分の子供がセックス漬けにされても怒らない保護者は、最早「保護者」ではないと思うが、おかしいと思っても声をあげなければ同じことだ。

 「ふれあいの性」という言葉は要注意で、「性の自己決定権」を教えるためのキーワードなのである。「セックスには、子作りのための性行為だけではなく、楽しみのための性行為、コミュニケーションとしての性行為があり、「それは最高にすばらしい」と教える。相手は異性でも同性でもよく、それも自由に自己決定しなさい、と教える」・・・これを熱烈に推進する性教育研究団体も存在する。行政主催の講演会などでも所属する人々が講師で呼ばれている。

 ともかくも、買わなくてもよいから、書店で手にとって見て確認してみることをお勧めする。

 「女系容認」問題の背景には「男女共同参画」がある。有識者会議の報告書に、明記されている。断じて許せない。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年12月16日 (金)

皇室典範改正問題・・・意味不明の櫻田論文

今日(12/16)の産経新聞正論欄に、桜田淳氏が書いていた。

共感するところもあるが、いかがなものかと思われた。

「熱い議論に相応しからぬ皇位問題」という題にあるように、確かに、個々の国民が、軽々しく論うべき問題ではない。謙抑であることは美徳でもあるだろう。

しかし、氏は「有識者会議」答申を、「公論」に一応の形を付与したものと評価されるべきであろう、と評価する一方、噴出している批判的な議論に対して、「熱い議論」の対象とするに相応しいものであるか、と上記の視点を持ち出して批判するのである。

続いて氏が指摘しているように、「有識者会議」答申の意味は、「次の次の次」の皇位継承についてのことであり、今後数十年という年月を経て後のことである。であるから、「早晩、皇統が断絶するという議論」は「仰々しい」のだと批判するのである。

しかし、ちょっと待ってほしい。数十年もの後のことなのだ、というが、まさにその事を、今の時点で決めてしまおうというのが「有識者会議」の答申ではないのか。法改正が成立してしまえば、それが何十年後であろうが、その通りになるというのが成文法というものの性質ではないのか。一度確定した法は、それが如何に破壊的な極悪な法であってもそれを利用しようとする輩がいる限り、「合法的」に害悪を流し続けるかは、「男女共同参画社会基本法」にみるとおりである。

氏は、この文章を見る限り、特にこの問題に関する定見はないらしい。論じること自体が「畏れ多い」という。その感覚は大切であり、この感覚を感じることのないものには、まず論じる資格がないのだと思う。

その点において「有識者会議」答申に対して、批判を加えている論者の多くは、その感覚を桜田氏に勝るとも劣らず把持しているものと思われる。

続きを読む "皇室典範改正問題・・・意味不明の櫻田論文"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »