« 三笠宮寛仁親王殿下の皇室典範改正問題に関するエッセーを報じる新聞記事の比較について | トップページ | 映画化された「春の雪」を見ました。 »

2005年11月 4日 (金)

三笠宮寛仁親王殿下のエッセー要旨

読売新聞に掲載された、エッセーの要旨です。

宮様のご文章をこのような形で転載させて戴くことは誠に恐縮至極ではありますが、新聞各社の報道では、各社の思惑やスタンスによって、つまみ食いが生じ、全体として殿下のお述べになられようとされたことがややもすれば歪曲されるのではないかとの懸念を感じましたので、敢えてアップさせて戴きます。

以下、本文

世間では、「女帝問題」がかまびすしいので私の意見を、「ともさんのひとり言」として聞いて頂きます。本来は首相傘下の審議会に諮られていますので政治問題であり口出しできないのですが、本会報は市販されておらず、”身内”の小冊子と理解し「プライヴェート」に語るという体裁を取ります。

論点は二つです。一つは二六六五年間の世界に類を見ない我が国固有の歴史と伝統を平成の御世でいとも簡単に変更して良いのかどうかです。

万世一系、一二五代の天子様の皇統が貴重な理由は、神話の時代の初代・神武天皇から連綿として一度の例外も無く、「男系」で今上陛下まで続いて来ているという厳然たる事実です。生物学的に言うと、高崎経済大学の八木秀次助教授の論文を借りれば、神武天皇のY1染色体が継続して現在の皇室全員に繋がっているという事でもあります。

 歴史上八名一〇方(御二人が二度践祚されている)の、「女帝」がおられましたが、全員在世中、独身又は寡婦(未亡人)でいらして、配偶者を求められておられませんので、「男系」が守られ、「女系」には至っていない訳です。

 二つ目は、現在のままでは、確かに”男子”が居なくなりますが、皇室典範改正をして、歴史上現実にあった幾つかの方法論をまず取り上げてみる事だと思います。順不同ですが、

1, 臣籍降下された元皇族の皇籍復帰。

2, 現在の女性皇族(内親王)に養子を取る事が出来る様に定め、その方に皇位継承権を与える。(差し当たり内廷皇族と直宮のみに留める)

3, 元皇族に、廃絶になった宮家(例=秩父宮・高松宮)の祭祀を継承して頂き再興する。(将来の常陸宮家もこの範疇に入る)

4, として、嘗ての様に、「側室」を置くという手もあります。国内外共に今の世相からは少々難しいかと思います。

 余談ですが、明治・大正両天皇共に、「御側室」との間のお子様です。「継続は力なり」と言いますが、古代より国民が、「万世一系の天子様」の存在を大切にして来てくれた歴史上の事実とその伝統があるが故に、現在でも大多数の人々は、「日本国の中心」「最も古い家系」「日本人の原型」として、一人一人が何かしら”体感”し、「天子様」を明解な形であれ、否とに拘らず、敬って下さっているのだと思います。

 陛下や皇太子様は、御自分達の家系の事ですから御自身で、発言される事はお出来になりませんから、民主主義の世の中であるならば、国民一人一人が、我が国を形成する、「民草」の一員として、二六六五年の歴史と伝統に対しきちんと意見を持ち発言をして戴かなければ、いつの日か、「天皇」はいらないという議論に迄発展するでしょう。

|

« 三笠宮寛仁親王殿下の皇室典範改正問題に関するエッセーを報じる新聞記事の比較について | トップページ | 映画化された「春の雪」を見ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三笠宮寛仁親王殿下のエッセー要旨:

» いい発言を2つほど [C級ニュースを斬る]
10月27日に「皇室典範改正にはもっと深い議論を」で私は拙速な「女性・女系天皇の容認論」について反対意見を書きましたが、ヒゲの殿下こと寛仁親王は「男系男子」で継承すべきとのご意見のようです。 ----------------(以下引用)-------------------- <寛仁親王>皇位継承資格で「男系男子維持を」と寄稿  寛仁親王殿下(59)が、自ら会長を務める福祉団体の会報に、皇位継承資格について「(男系で続いてきた)我が�... [続きを読む]

受信: 2005年11月 5日 (土) 午後 12時46分

» 「三笠宮殿下発言」に関してのまとめ [俺 in JP]
昨日の続きで、「皇位継承問題」と「三笠宮殿下発言」に関して、他の方のblog記事のレビューをもとに問題をまとめてみます。 まずは発言そのものですが、blog上で、三笠宮殿下のご発言(の要旨?)を転載されていた方がいます。 http://hanatatibana.cocolog-nifty.com/hibizakkan/ :(「橘正史の考えるヒント」) 読売からの転載とのことですが、読売のオンラインでは当該の記事が見当たらないので、出展元でのニュアンスをうかがい知るのにおおきな助けになります... [続きを読む]

受信: 2005年11月 6日 (日) 午前 03時31分

« 三笠宮寛仁親王殿下の皇室典範改正問題に関するエッセーを報じる新聞記事の比較について | トップページ | 映画化された「春の雪」を見ました。 »