« 「母なる天皇」に現れた女性天皇・女系天皇について | トップページ | 皇室典範改正問題・・・意味不明の櫻田論文 »

2005年11月29日 (火)

「皇室典範に関する有識者会議」報告書・批判 その1

 皇位の正統性は、第一義的に、神武天皇から皇統連綿と受け継がれたその事実にある。それは一点の疑いも入れることは出来ない。そして、それこそが最重要問題であり、全ての議論は、この皇位の正統性とその永続を如何に守るか、であって、それ以外ではない。

 皇位を巡る様々な諸要素は、神話的要素ももちろんあり、封建的な世襲という中世武家などの家督相続的な要素も色濃くあるであろう。様々な要素の上に、国民の総意というようなものも、憲法にそうかかれているからというのではなく、昭和天皇が終戦のご聖断を下されたとき国民を信頼されたその一点に基づくものであり、これは一つ伝統の要素が新たに美しい形で歴史に出現したとはいえるものである。

 さて、歴史上に存在した女性天皇、つまり女帝であるが、これも男系の女帝であって、それ以外の例が皆無なことは報告書も認めざるを得ない。であるから、皇統を”女系”に開くことが、「伝統」に反することも認めている。

 ところが、有識者らは、ここで「伝統」という言葉を概念操作している。「伝統とは、必ずしも普遍のものではなく、各時代において選択されたものが伝統として残り、またそのような選択の積み重ねにより新たな伝統が生まれるという面がある」と述べているが、「伝統」に関する極めて薄っぺらで、弛緩した、怠惰な認識でしかない。

 小林秀雄氏が、「伝統」という一文において、最も意識的に集中して見出さなければ「伝統」は存在しないに等しい、そして「慣習」はその逆で無意識の内に最もよく現れるものだと述べたことがある。イギリスの保守主義の理論から言っても、コモン・ローは、見出すものであり、得手勝手に作り出していいものではない。一言でいうなら、この「有識者」らの「伝統」観は、極めて貧弱であり、端的に間違っているということができる。日本の伝統の中核である、皇室の、更に重要事項である皇位継承に関する議論する基礎的な知識さえない、非「有識者」であることが、この一文からでも読み取ることが出来る。

「有識者」らは、報告書において、如何にして、これまでの”伝統”を否定し、男系継承を相対化し、断ち切るかに意を注いでいる。

「男系継承維持の条件」として続けて論じている記述は、言葉自体が極めて下品であり、その点だけでも許しがたいものがある。「血統に基づいて継承」などと、いう表現は、皇位継承を、犬の血統書と同次元で捕らえているとしかいえない許しがたい無礼である。

 そして、歴代天皇の半数近くが非嫡出子である、と表現している。しかし、宮中における婚姻制度が現代と全く異なる近代以前の例において「嫡出」「非嫡出」という言葉は不適切であり、不確かでさえある。こうした、現代の観念的な用語でしか語ることの出来ない報告書は、それだけでもトータルファクトたる真実をつかみ出す能力の欠如をしめすものである。古代においては、兄弟間における継承が頻発した例もある。しかし、「伝統」とは、錯雑紛糾した歴史の事実の矛盾錯綜の中から、一筋の不易なる本質を見出す営為そのもののことであり、「有識者」らには、そのような片鱗さえも見出すことが出来ない。彼らは事実に触れることも出来ず、ただ、自らが架空の観念を操り、その架空なる観念そ操作することによって、事実そのものに触れている錯覚をしているに過ぎず、積極的に自らを欺いている、ともいえる。

 昭和22年の皇室典範の「改正」について、「社会倫理の観点から」云々と述べているが、敗戦・占領下に、外国の絶対権力の下に、我が国の主権が従属下におかれていた状況の中で、ハーグ陸戦法規に代表される国際法に反する違法な占領政策の一環として、我が国の法体制事態が大きく歪められるという、重大なバックグランドをあっさりと無視していることに唖然とさせられる。「有識者」らには、占領の汚辱、という民族自立の観念が決定的に欠如しているのである。民族の核心である天皇の皇位継承に関する議論をする、最低限の資格さえ、欠いているといえよう。

 現行「皇室典範」の改正を論ずるならば、まず、明治の皇室典範に関する徹底的な研究、そして占領下において、占領軍が、皇室を解体するための仕掛けをどのように仕組もうとしたのかについての徹底的な考究、そして現行「皇室典範」に関する包括的な研究、これらを総合した上で、更に伝統を守り現代に生かすべく、最大限の配慮を以て論議に臨むべきではないか。その用意のあるものが「有識者」らの中に一人としていないことを、結果から見て確信する。

 更に、少子化という現代の一時期の現象を金科玉条にしており、あまつさえ配偶と出生のシュミレーションさえしてみせる。

 旧皇族の皇籍復帰に関して、一刀両断にしてその可能性を切り捨てる。前例がない、ということが最大の理由のようであるが、11宮家の皇籍離脱が、天皇の意思にも反して、占領軍の権力の強圧によって断行されたという、史上未曾有の歴史的事件であることを想起すれば、そもそも、独立回復後、速やかに皇籍復帰を図るべきであったのであり、戦後政治の総決算が未だに出来ていないことを示しているに過ぎない。

 また、遠く継体天皇の先例を仰ぐならば、その気さえあれば不可能でも何でもないことは明白である。

 この問題は、占領遺制の頚城を如何に断ち切るか、という問題である。

 そして、この問題に関する議論は、たった十人の識なき有識者らの、瑣末な議論に委ねることなど出来はしない。

 彼らが企図するところは、「安定化」という言葉をを繰り返し述べている如く、究極的には人形でもつけておけばよいとでも言いかねない、空虚な結論に過ぎないのである。

|

« 「母なる天皇」に現れた女性天皇・女系天皇について | トップページ | 皇室典範改正問題・・・意味不明の櫻田論文 »

コメント

ここで http://tech.ciao.jp/blog2/
貴方の力を募集していますよ。

投稿: 年上の長谷川 | 2005年12月 7日 (水) 午後 04時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「皇室典範に関する有識者会議」報告書・批判 その1:

» 朝日新聞が天皇制破壊に動く。 [ウブドちゃん かく思う。]
『朝日新聞は26、27の両日、全国世論調査を実施し、「女系天皇」の是非について始めて聞いたところ、「認めてもよい」との答えが71%に達した。男系、女系を問わず「女性天皇」については、78%が支持した。と発表した。 ... [続きを読む]

受信: 2005年12月 1日 (木) 午前 03時30分

» 「ご皇室」てふ物言ひを [いろは 伊呂波 IROHA]
「ご皇室」てふ物言ひを 氣にかけ醒めぬ夢魔よ 空邊降ろす音絶え 見せん位置取りや あはれ欲る故 こくわうしつてふものいひをきにかけさめぬむまよ そらへおろすねたえみせんゐちとりやあはれほるゆゑ  日に一二本づつチャンネル桜の番組を聴き居るが中に、皇室典範改悪阻止の座談中「ご皇室」なる物言ひしゐる識者もありていささか氣にかかり一首。皇室それ自体にて尊敬語を形成すれば、「ご」なる丁寧語は無用のものならずや。ご天皇などといひては却てからかひの意を含むところある物言ひなるかととられかねぬと同断なり。かか... [続きを読む]

受信: 2005年12月10日 (土) 午前 03時25分

» 皇室典範および会議 [皇統断絶問題TBセンター]
皇室典範改正の答申、会議の顔ぶれ、議論などなどについてTBをよろしく... [続きを読む]

受信: 2005年12月19日 (月) 午前 11時21分

» 皇室典範および会議 [皇統断絶問題TBセンター]
皇室典範改正の答申、会議の顔ぶれ、議論などなどについてTBをよろしく... [続きを読む]

受信: 2005年12月19日 (月) 午前 11時24分

« 「母なる天皇」に現れた女性天皇・女系天皇について | トップページ | 皇室典範改正問題・・・意味不明の櫻田論文 »