« 民草の祈り 〜三笠宮寛仁親王殿下のエッセーを拝して 〜 | トップページ | 三笠宮寛仁親王殿下のエッセー要旨 »

2005年11月 4日 (金)

三笠宮寛仁親王殿下の皇室典範改正問題に関するエッセーを報じる新聞記事の比較について

■東京新聞

女系天皇容認論を懸念

三笠宮寛仁さま 会報のコラムに私見

 三笠宮寛仁さま(59)が従来の男系の皇位継承を支持し、女系天皇容認論に疑問をはさむ文章を、自身が会長を務める福祉団体の会報に掲載されていたことが分かった。
 皇室典範に関する有識者会議は、女性・女系天皇を容認した最終報告を月内にもまとめる予定。天皇や皇族は憲法上、国政に関与できないとされるだけに、有識者会議では皇族から意見を聞いておらず、文章は今後論議を呼びそうだ。
 三笠宮さまは、福祉団体「柏朋会」が九月末に発行した「ざ・とど(寛仁さまの愛称)」と題された冊子に、「とどのおしゃべり」というコラムを執筆。文中で「プライヴェート」と断った上で皇室典範の改正に触れ、「世界に類を見ない我が国固有の歴史と伝統を平成の御世で簡単に変更しても良いのか」「神武天皇から例外なく『男系』で今上陛下まで続いて来ているという厳然たる事実」などと記し、男系男子継承の維持を唱えた。
 さらに一九四七(昭和二十二)年に皇籍を離脱した旧皇族の復帰、女性皇族に旧皇族から養子をもらうこと、宮家が途絶えた秩父宮や高松宮の祭祀(さいし)をつぎ宮家を再興すること、などの意見も表明している。
 その上で、典範改正問題について「日本国という『国体』の変更に向かう事になりますし、いつの日か天皇はいらないという議論に発展するでしょう」と述べ、天皇制存続が危ぶまれる事態につながる懸念を表した。

■サンスポ

三笠宮さま女系天皇容認に異論…団体会報のコラムに私見

三笠宮寛仁さま=写真=が、自身が会長を務める福祉団体の会報のコラムで、皇位継承資格について、男系維持を主張し、女性天皇の子に皇位を継がせる女系天皇の容認に異論を示す文章を掲載されていたことが3日、分かった。

首相の私的諮問機関である皇室典範に関する有識者会議は、女性、女系天皇を容認する方針を決め、11月末をめどに最終報告をとりまとめる。

寛仁さまは「“身内”の小冊子と理解し“プライベート”に語る」として私見をつづられている。まず皇位の歴史に触れ「2665年間の世界に類を見ないわが国固有の歴史と伝統を平成の御世でいとも簡単に変更して良いのかどうか」とし「万世一系の皇統が貴重な理由は神武天皇から一度の例外も無く『男系』で今上陛下まで続いて来ているという厳然たる事実」と主張されている。

■朝日新聞  2005年11月03日22時38分

寛仁さま、女系天皇に異論 「ひとり言」と随筆
 三笠宮寛仁さま(59)が、女性・女系天皇を容認することについて、異議を唱える趣旨の随筆を自ら会長を務める福祉団体「柏朋会」の機関誌に寄稿していたことがわかった。小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(吉川弘之座長)は、最終報告に向けて女系・女性天皇を容認する方針を固めており、この方向性に疑問を唱える形となった。皇室典範論議について、皇族の肉声が明らかになったのは初めて。

 憲法上、天皇や皇族は政治的発言ができないとして、「身内の小冊子でのプライベートなひとり言」と断りながらも「世界に類を見ない我が国固有の歴史と伝統を平成の御世(みよ)でいとも簡単に変更して良いのか」と問いかけている。

 「近況雑感」と題された随筆は「皇統が貴重な理由は、神話の時代から連綿として一度の例外も無く、『男系』で今上陛下迄(まで)続いているという厳然たる事実」と指摘。さらに「古代より国民が『万世一系の天子様』の存在を大切にして来てくれた歴史上の事実とその伝統があるが故に、現在でも大多数の人々は、『日本国の中心』『最も古い家系』『日本人の原型』として、敬って下さっている」と述べたうえで、皇位継承の男系主義を崩すと「いつの日か、『天皇』はいらないという議論に迄発展する」と危機感をにじませている。


 有識者会議の吉川座長は記者会見で、皇族の意見聴取は念頭にないと表明しており、仮に意見が明らかになったとしても「議論に影響はない」としていた。


■読売新聞  2005年11月3日3時0分
三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー
 三笠宮寛仁さま(59)が、自身が会長を務める福祉団体の会報で「女性天皇」に触れ、「歴史と伝統を平成の御世(みよ)でいとも簡単に変更して良いのか」と、疑問を投げかけられていることがわかった。

 皇籍を離脱した元皇族の復帰や、元皇族を女性皇族の養子として皇位継承権を与えるなどの方法により、男系継承を守るべきだとの考えを示されている。小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」は女性・女系天皇の容認を打ち出し、最終報告書の取りまとめに入ったが、この問題について皇族が考えを明らかにしたのは初めて。

 寛仁さまの意見が掲載されているのは、福祉団体「柏朋(はくほう)会」の会報。寛仁さまは「とどのおしゃべり―近況雑感」という題でエッセーを連載しており、その最新号で「政治問題で口出し出来ないのですが、会報は市販されておらず“身内”の小冊子と理解し『プライヴェート』に語るという体裁を取ります」と断って「女帝問題」を論じられている。

 寛仁さまはまず、「万世一系、一二五代の天子様の皇統が貴重な理由は、神話の時代の初代・神武天皇から連綿として一度の例外も無く、『男系』で続いて来ているという厳然たる事実」と強調。〈1〉皇籍離脱した元皇族の皇統復帰〈2〉女性皇族(内親王)に元皇族(男系)から養子を取れるようにし、その方に皇位継承権を与える〈3〉廃絶になった秩父宮や高松宮の祭祀(さいし)を元皇族に継承してもらい、宮家を再興する――などの方法を挙げられている。

 その上で、「陛下や皇太子様は、御自分達の家系の事ですから御自身で、発言される事はお出来になりません」とし、「国民一人一人が、我が国を形成する『民草』の一員として、二六六五年の歴史と伝統に対しきちんと意見を持ち発言をして戴(いただ)かなければ、いつの日か、『天皇』はいらないという議論に迄(まで)発展するでしょう」と結ばれている。

 天皇や皇族は憲法上、政治的な権能を有しておらず、有識者会議はその意見聴取をしていない。


|

« 民草の祈り 〜三笠宮寛仁親王殿下のエッセーを拝して 〜 | トップページ | 三笠宮寛仁親王殿下のエッセー要旨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三笠宮寛仁親王殿下の皇室典範改正問題に関するエッセーを報じる新聞記事の比較について:

» 皇室典範に関する有識者会議第六回六 [悪の教典楽天市場店]
皇室典範に関する有識者会議(第六回)議事要旨四平成十七年五月三十一日(火)午後四時〜於三田共用会議所大会議室(続き)そこで、三案ほど示してみました。 旧宮家の男系男子が皇籍に戻る、宮家復活案ということでございます。臣籍降下後、皇籍復帰の例は過去に多数あります...... [続きを読む]

受信: 2005年11月 4日 (金) 午後 11時29分

« 民草の祈り 〜三笠宮寛仁親王殿下のエッセーを拝して 〜 | トップページ | 三笠宮寛仁親王殿下のエッセー要旨 »