« 小泉八雲が見た明治日本人の生と死の形 〜小泉首相の靖国参拝に寄せて〜 | トップページ | 民草の祈り 〜三笠宮寛仁親王殿下のエッセーを拝して 〜 »

2005年10月27日 (木)

「女系」天皇容認の皇室典範改正に、断固反対します

首相官邸への意見送付

以下の意見を送りました。

「女系」天皇容認の皇室典範改正に、断固反対します

このたび政府の「皇室典範に関する有識者会議」が女性天皇、女系天皇を容認する方向で、最終報告書を取りまとめるとの報道がなされています。

事実であるなら、2600年にわたる日本の歴史上、重大な国体の変更を加えようとするものであり、断じて許されるものではありません。

敗戦後、皇統を断とうとした、米国を中心とする占領軍の思惑を、独立回復後もそのまま放置し、皇室のあり方について、おざなりにしてきたことがすべての原因であり、本来、占領軍の行った干渉、例えば、皇族の強制的な臣籍降下などを、本来あるべき姿に戻す努力もせずにきた政治の責任はきわめて重大であります。

あまつさえ、自らの責任を頬かむりし、女系天皇が、実質的な王朝交替であり、万世一系の皇統の断絶を意味することは明らかであるにも拘らず、それを推進しようということは、重大な結果を招来するものであると憂慮せざるを得ません。

明治に皇室典範が成立した際、皇室典範は明治憲法の外に並立するものとして存在しました。それは、皇室の伝統と文化の近代における集大成である明治皇室典範に、一時の政務をつかさどるに過ぎない政府が容喙するようなことがあってはならないという、当時の為政者の叡智のしからしめるところであったと思います。

敗戦後、占領軍から押し付けられた憲法の下、皇室典範はこの性格を根本から改変せしめられてしまいました。これは、異常な事態であり、このような状況は、独立回復後、すぐに軌道修正されるべきものであったにもかかわらず、その責任を歴代政府が放置した結果、このような重大な問題に関して、天皇陛下も、皇族の方々も、その会議にご臨席にさえなれないという、おかしなことになってしまっています。

皇位の神聖性を犯すことは、日本の歴史・文化・伝統に対する反逆であり、そのようなことを日本の政府は決してなしてはなりません。

女性天皇は、中継ぎの存在として歴史上存在しました。しかし、皇室の歴史を踏まえ、その総括として生まれた明治皇室典範において、女性天皇は本来の姿ではないとして退けられたわけです。単なる風潮としての世論調査のみによって、しかも、女性天皇と女系天皇の重大な違いについての区別もなく行われた世論調査を根拠とすることは、なんら根拠になるものでもありません。

「女系」とは詭弁に過ぎず、別の「男系」への移行とみなされる危険性が濃厚であり、この一点において、断じて許すことはできません。

皇室のあり方として、宮家の復興など、打つべき手は幾らでもあります。また、財政の負担という点についても、現在の皇室への献上についてのきわめて厳しい制限を行っている皇室経済法などを改正することによって、改善が可能であろうと思われます。

どうか、日本を滅ぼさないで下さい。草莽の微臣の心からなる願いであります。

|

« 小泉八雲が見た明治日本人の生と死の形 〜小泉首相の靖国参拝に寄せて〜 | トップページ | 民草の祈り 〜三笠宮寛仁親王殿下のエッセーを拝して 〜 »

コメント

《《《 緊急集会! 》》》

皇室典範改悪阻止!!

「草莽崛起」国民大会

二千年以上続いた日本の国体・国柄が、今、一部の人々の手によって

改悪されようとしています。日本が日本で無くなる危機が迫っています。

先帝陛下が『耐え難きを耐え、忍び難きを忍び』守られた日本の国体、

これを私たちの世代で壊してはなりません。GHQ司令官マッカーサー

ですら変えられなかった、世界最古の国 日本のあり方、その中心たる

御皇室と皇統を、私たち日本国民の手で守り抜きましょう!

【日時】  平成17年11月18日(金) 開場18時30分 開演19時(21時終演予定)※入場無料


【場所】  なかのZERO 大ホール  ※JRまたは東京メトロ東西線中野駅南口から徒歩8分
       (東京都中野区中野2-9-7 ℡03-5340-5000)


【登壇者】 井尻千男氏、伊藤哲夫氏、伊藤玲子氏、遠藤浩一氏、小田村四郎氏、加瀬英明氏、
        河内屋蒼湖堂氏、小堀桂一郎氏、名越二荒之助氏、西尾幹ニ氏、西村幸祐氏、
        平田文昭氏、宮崎正弘氏、三輪和雄氏、百地章氏、他 (50音順)


【共催】  全国地方議員1000名日本大勉強会実行委員会、神奈川草莽議員の会、
       日本政策研究センター、日本世論の会、建て直そう日本・女性塾、新日本協議会、
       英霊にこたえる会、皇位の正統な継承の堅持を求める会、誇りある日本をつくる会、
       人権擁護法案に反対する地方議員の会、靖国神社へ参拝する全国地方議員の会、
       (社)国民文化研究会、チャンネル桜草莽会、三遷の会、
       日本文化チャンネル桜社員同志会 他

【後援】  皇室典範問題研究会

【報道】   ・衛星放送スカパー!767ch「日本文化チャンネル桜」
        ・インターネット「チャンネル桜オンラインTV」 他


【連絡先】 全国地方議員1000名日本大勉強会事務局
        電話:03-6419-3825  FAX:03-6419-3826  E-mail : soumou@ch-sakura.jp


-------------------------------------------------------------------------------------------------
敷島の 大和島根をふみそめし 
   かみよのみちぞ いまもただしき
                栄仁親王(新続古今集より)

天地の かみや堅めし よろづよに
   立ててうごかぬ くにのみ柱
                平 春海(琴後集より) 


-------------------------------------------------------------------------------------------------

全ての日本国民はなかのZEROホールへ!

投稿: 日本男子 | 2005年11月17日 (木) 午後 11時16分

激しく同意!!

君の文章には はるか及ばないけど 私も送ったよ。

投稿: 寝るケーノ | 2005年10月29日 (土) 午後 07時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「女系」天皇容認の皇室典範改正に、断固反対します:

« 小泉八雲が見た明治日本人の生と死の形 〜小泉首相の靖国参拝に寄せて〜 | トップページ | 民草の祈り 〜三笠宮寛仁親王殿下のエッセーを拝して 〜 »