« 終盤戦を迎えた衆議院選〜有権者と候補は相似形〜 | トップページ | 統治権力の正統性について〜単純小選挙区の導入が捩れを解消する〜 »

2005年9月 9日 (金)

衆議院選挙、あと一日

衆議院選挙もあと一日を残すところとなった。
ここまでくると各陣営とも手ごたえが見えてくる。
明日一日で、決まるのだ。
小選挙区では、たった一人しか当選しない。そこに、各陣営とも凌ぎを削り戦っていくのである。小さいパイの奪い合いという凄惨な様相を見せる。
これは、儀式化された権力闘争なのだ。
これが極大まで大きくなれば内戦になるのである。
とにもかくにも、公職選挙法というルールがあり、それに基づいてすべての事務が執り行われていく。投票に不正はないという信頼感だけは、投票に行かない層であっても持っているのだろう。

小選挙区では、票の内訳が相当透明に見えてくる。
地域の構成から割り出していくことが可能になる。
民意というものの正体がおぼろげに浮かび上がる。

アメリカの大統領選挙でも、投票箱がすりかえられたというような不正のネタが常に持ち上がるが、日本では仮にそんなことがあったら、大変なことになるだろう。

いまどき、金を配る候補も居まい。連座制ですぐにアウトになるからだ。この規制がなければ、ホリエモンのようなトリックスターが常に社会の根幹を揺さぶることになるだろう。

選挙の洗礼を受けるという言葉が示すように、権力の正統性の担保が、選挙という手段に求められているのだ。「国民主権」の意味は、まさにこの正統性の担保にあるといえよう。これは、徳川家康が天下統一したという意味の覇道の別形式なのだ。

これに加えて、日本の象徴天皇制は、正統性の根拠が、単なる覇道のみでは完成せず、日本統治の正統性の源泉である天皇位から委任されて始めて完成するのである。これが王道である。
王道と覇道の上に、日本の統治権力の正統性が確立するのである。
この構造については、まだまだ深い考察が必要なのであろう。

|

« 終盤戦を迎えた衆議院選〜有権者と候補は相似形〜 | トップページ | 統治権力の正統性について〜単純小選挙区の導入が捩れを解消する〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/5862986

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院選挙、あと一日:

« 終盤戦を迎えた衆議院選〜有権者と候補は相似形〜 | トップページ | 統治権力の正統性について〜単純小選挙区の導入が捩れを解消する〜 »