« 忘れられた歌人・国学者 房内幸成 | トップページ | 徒然草〜吉田兼好と小林秀雄〜 »

2005年9月28日 (水)

和歌から見えてくる日本人の生き方

「名歌でたどる日本の心 スサノオノミコトから昭和天皇まで」

日本人の暮らしの中にはいつも、歌があった−

和歌から見えてくる日本人の生き方


書店で見つけた、小柳陽太郎先生は、「教室から消えたものを見る眼、歴史を見る眼」(草思社刊)の著者でもある。国民文化研究会の副理事長を長く勤められ、僕も何度か謦咳に接したことがある。おやさしい方である。

書店でこの本を見つけたときには、だから、先生に再会したような感じを覚えた。勿論すぐに手に取り、購入する書籍の中に加えた。

概念でものを考えること、頭でものを考えること、それだけで、日本の歴史の深奥に触れることは出来ない。そのことを厳しく教えられたのが、国民文化研究会での合宿教室であった。

和歌を詠むこと、それは、概念でものを考えるのでなく、人の心をしっかりと受け止め、感じ取ることを学ぶことでもありました。それは、自分自身の感動を見つめることでもありました。

日本の歴史に登場する人物の多くが、和歌を詠んでいます。遠い神代の昔から、現在に至るまで、思うことを歌に歌い晴らしてきたのが日本民族の一つの特質であったと言えるでしょう。勿論、和歌なんて軽蔑する人も居るでしょう。しかし、深く知った上で軽蔑している人は、果たしてどれだけ居るか。そしておそらく和歌は、日本人であるならば誰でも、そのリズムに乗って心を歌い晴らすことの出来る言葉の型なのです。

そして、最も重要なことは、万葉の昔から現在に至るまで、和歌の伝統はどぎれることなく続いてきました。それが何を意味するかといえば、多少の用語のことはさておいて、古の人が詠んだ歌を直接詠んで感じることが出来るのです。これはすばらしいことではないでしょうか。

例えば、武田信玄の歌をはしがきで紹介しています。

軍兵(ぐんぴょう)は物言はずして大将の下知(命令)聞く時ぞいくさには勝つ

という歌があります。「いかにも武士らしい力のこもった歌」と述べていますが、そのまま、そうだなと感じ取れるしらべがあるでしょう。

しかも、

霞(かす)むより心もゆらぐ春の日に野べの雲雀(ひばり)も雲に鳴くなり

これも又信玄の歌です。「春霞がかかると、もうそれだけで「心もゆらぐ」という、自然に溶け込んだ美しい歌もある。私たちはこの歌を通して、これまで知らなかった信玄の心を、それこそ「直接に」知ることが出来るのです。」と述べています。

武田信玄という武将の名前は、殆どの日本人が知っていると思われますが、このように直接に知ることが出来るということを、今の日本人はどこまで知っているでしょうか。昔の人の心と直接に触れ合うことが可能だということは、日本の歴史にどれだけ大きな恩恵をもたらしたことか、また今でもこちらから心さえ開けば、無限とも言える宝庫があるのか、計り知れないといわねばならないと思います。

まだ読んでもいない本を紹介したいと思った理由を、少しでもお伝えできたでしょうか。なにとぞ、手に取って、1ページでも眺めてみてほしい。そんな願いを込めてご紹介いたしました。

|

« 忘れられた歌人・国学者 房内幸成 | トップページ | 徒然草〜吉田兼好と小林秀雄〜 »

コメント

戦時における若者の殉死。潔くもあり悲しく感じます。
さて、同じ殉死でも爆弾テロの殉死は、かつての日本人のそれとは異なるように思います。
その違いをうまく説明できないのが、歯がゆく思います。

投稿: masasan | 2005年10月18日 (火) 午後 02時51分

お返事いただきまして有難うございます。

>なめ猫さま、そんなにおいがいたしますか(^^)?

内容とか拝見していてそう思いました笑
草莽崛起さんや参拝の会さん、なめ猫以外にも青協関係のブロガーは複数いらっしゃいます。

和歌を詠むことは概念ではない・・・
人の心をしっかりと受け止め、感じ取ることを学ぶこと

ネットでそのことを伝えるのは難しいですが、続けているとそのことを受けてくださる人がきっと出てくると思います。

おすすめBLGリストの件、了解しました。
よろしくお願いいたします。

投稿: なめ猫♪ | 2005年9月30日 (金) 午後 01時48分

なめ猫さま、そんなにおいがいたしますか(^^)?

それにしても、なめ猫さまのBLGはすばらしいBLGですよね。

まだ中々BLG、使いこなせていないのですが、おすすめBLGリストをつくりますので、そちらに入れさせて貰ってもよろしいでしょうか。

トラックバックをさせてもらうのが一番いいのでしょうけれどもね~!

投稿: 橘 正史 | 2005年9月29日 (木) 午後 10時49分

橘さんはもしかして青協の方ですか?
そんな気が前からしていたのですが・・・

投稿: なめ猫♪ | 2005年9月29日 (木) 午後 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/6159400

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌から見えてくる日本人の生き方:

» 籾摺り [あばらかきゃ from あ・うん]
稲刈りから4日後の9月28日。嬉し恥ずかし籾摺りだ。 その前に俺は見た。 たったの4日の間じゃけど、新しい命は芽吹き始めていた。 もう何度も書いとるけど、改めて思う。 ホンマに自然て凄いわい。 ピコラ様の名言「親はなくとも子は育つ」(ちょっと皮肉?)じゃあないけど、自然の力の前には人間なんてほんと小さい小さい。 さて、ひとしきり心洗われた所で、イザ籾摺り。 これが今回大活躍の機械。名称は知らん。内容は乾燥機+籾摺り機+選別機。 袋に「年度、品種、生産地」そして「生産者」を記入します。 袋... [続きを読む]

受信: 2005年9月29日 (木) 午後 11時18分

» 大和撫子の会 [☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆]
数人で、「大和撫子の会広島」ってのを作っています。 これは男女共同参画基本法になんとなく違和感を持った女性が集り、 保育所の現状などを調べたり、小さな集会を開いたりしている会です。 もう四年目になるかなぁ・・・・・立ち上げてから。 生まれたばかりの... [続きを読む]

受信: 2005年10月 1日 (土) 午前 12時22分

« 忘れられた歌人・国学者 房内幸成 | トップページ | 徒然草〜吉田兼好と小林秀雄〜 »