« 衆議院選挙、あと一日 | トップページ | 小泉劇場とローマ帝政におけるポピュリズム »

2005年9月12日 (月)

統治権力の正統性について〜単純小選挙区の導入が捩れを解消する〜

衆議院選挙の結果が出た。
自民党の圧勝である。
「保守」こそ政治の主流であるべきと考えるものとして、自民党が本来の保守政党であれば、この結果は喜びこそすれ、憂うる理由はない。

しかし、自民党は小泉劇場選挙のカラクリのために、自民党の理念とは懸け離れた人材さえ投入し抱え込むことになってしまった。また、すべてとは言わないが、郵政民営化反対派の中にいた良質な保守派議員を切り捨ててしまった。その半ばが、無所属、あるいは新党によって勝ちあがってきたとはいえ、どのような情勢になるかは不透明といわざるを得ない。

コスタリカ方式というのもきわめて不明朗な制度である。比例と小選挙区で交互に出馬して2議席を確定するという方式は、有権者による審判の意味を不確実なものとしてしまう。小選挙区で落選して比例制度で復活するというのは、有権者からすれば納得の行かないものである。

この選挙制度から最大の利益を得ているのは、公明党である。公明党は自民党との連立を組み、選挙協力をすることによって、小選挙区では自民党候補を通し、比例区において公明党を通すという捩れ選挙を常態化した。

連立与党であるとはいえ、さまざまなレベルでの政策の違いは明白であるにもかかわらず、小選挙区では自民党、比例区では公明党というのは、有権者の政治に対する意思を混乱させるだけの意味しかない。

しかし、社民党や共産党の退潮が示しているように、小選挙区においてはイデオロギーや特定の宗教団体が背景にある政党が不利になるのは見やすい道理である。薄く広く広がっている同質性のきわめて高いイデオロギー団体が、小選挙区において比較少数になることは避けられないからである。公明党もこの憂き目を見るところを、自民党との連立による、選挙協力という戦略をとることによって窮地を凌いできたのである。

小選挙区では、数千から数万というレベルのまとまった票がどのように動くかは決定的な意味を持つことから、公明票は小選挙区においてキャスティングボードを握ってきたのである。

こうなると、もはや自民党と公明党は選挙レベルで分離不可能なほどに癒着してしまっているといえるだろう。理念が違っても、勝たなければならない。候補にとって死活問題であるからである。

ねじれを解消する方法は一つしかない。比例区の廃止である。単純小選挙区制は二大政党制を目指すならば最も適した選挙制度であろう。また、これは間接的ではあるが、事実上の首相公選制となるのである。自民党と公明党が癒着する理由もこれにより消滅する。最も判りやすい改革であると思われる。

しかし、一国の統治権力の正統性は、現在生きているもののみによるものでありはしない。

統治権力の在り様を決定するのは、歴史である。日本においては、日本の歴史・文化・伝統の象徴であり体現者である天皇なのである。形式的な政治学で規定できないという理由で排除することは出来ない。統治権力の正統性は、天皇と国民の間にあるのだ。

単純小選挙区制の導入によっても、その重さはいささかも変わらないのである。

|

« 衆議院選挙、あと一日 | トップページ | 小泉劇場とローマ帝政におけるポピュリズム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/5908423

この記事へのトラックバック一覧です: 統治権力の正統性について〜単純小選挙区の導入が捩れを解消する〜:

« 衆議院選挙、あと一日 | トップページ | 小泉劇場とローマ帝政におけるポピュリズム »