« 政治日程に上る憲法改正〜思考停止に陥ってはならない〜 | トップページ | 中西輝政先生の論文を読んで »

2005年9月14日 (水)

日本の変質 -小泉自民党勝利の光と影-

 小泉劇場の満員御礼の札が下がり、連立与党未曾有の大勝を記録した衆議院選挙から2日が経過した。

 懸念された良質な伝統保守派の無所属候補もよく健闘し、その多くが国会に戻ることが出来た。「刺客」を放った目的が、話題づくりであって、必ずしも反抗者を蹴落とすことだけに置かれたのではないことが、今となっては明らかになったといえるかもしれない。

 「刺客」たちは比例復活をあらかじめ約束され、つまりは当選することは確定した上での小選挙区出馬だったのだから。その意味では、「劇場」選挙とは言いも言ったり、やりもやったり、である。

 しかし、国会の構成が与党大勝で、小泉にはほぼフリーハンドとも言える、強大な権力が集中したことになる。衆議院の3分の2を抑えたことにより、参議院は完全に死に体になった。そこで何を議論しようとも、否決しようとも、衆議院では再度可決されることが見えているのだから、問題にならない。

 衆議院自体ではどうだろうか。今回の自民旋風が次も起こるなどということは誰も思わないだろうが、それでも「刺客」を立てられ、公認を外されるということの恐ろしさは、全議員に染み渡ったといえるだろう。「郵政民営化、イエスか、ノーか」という迫り方をされた場合、反対意見を述べ、そのように行動するだけの勇気を持つ議員が居るだろうか。

 「○○○○、イエスか、ノーか」、クイズ番組ならそれもよかろう。

 しかし、議会制民主主義の最大の利点である、最大多数の最大受益の実現からは遠くならざるを得ないだろう。都市部の無党派層が政局を左右するキャスティングボードを握ったとするならば、この気まぐれな、一貫性の無い、大衆の動向がこの国の運命を左右するようになったということだ。これは、日本の共同体が風化して解体した証拠であるといえよう。

 なるほど、政党は同じ政策と理念を掲げるものにより手を組むべきである、という議論は正論である。しかし、国家社会万般の事象に対して全て同じ意見を持つ集団が、果たしてあるのだろうか。もともと1人1人考え方も生きてきた背景も違う人間が手を組んでいるのである

 単なる権力を取るための野合、数合わせの政治に飽き飽きし、ただ一点、郵政民営化に反対か賛成かで二者択一を迫り、勝ち組を演出したのはよかろう。しかし、争点となる別の論点ではまた別の二者択一が迫られるだろう。この二者択一で踏み絵を踏ませていくことにより、議員としての躍動した思想営為が摩滅させられることは、国家にとって何よりの損失ではないのか。

 戦後教育により、日本的共同体は最早風前の灯火の如くである。それでいて、メディアは弱みを見せた組織に対して、共同体としての責任を迫り、徹底的に陥れていく。「正しさ」自体が問われることは無い。

 「正しさ」こそが、最も危険な要素となり得るのである。

 「善人尚以て往生す、況や悪人をや」と述べた親鸞聖人は、あるいは、自分が善人だと思う人間でさえ極楽に生まれるというのだから、自分が至らないところも多い悪人であるという自覚に立って謙虚に生きている人間が往生しないはずはない、という意味で述べたのではなかろうか。

 今、善人ばかりの、生き難い世の中になった。

|

« 政治日程に上る憲法改正〜思考停止に陥ってはならない〜 | トップページ | 中西輝政先生の論文を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/5947734

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の変質 -小泉自民党勝利の光と影-:

« 政治日程に上る憲法改正〜思考停止に陥ってはならない〜 | トップページ | 中西輝政先生の論文を読んで »