« 平成 夏の陣 | トップページ | サンフランシスコ講和条約第11条について »

2005年8月18日 (木)

新しい歴史教科書、採択1%と朝日が報道

http://www.asahi.com/life/update/0818/002.html

(前略)
 調査によると、全国で来年度使われる歴史、公民の教科書数はそれぞれ約120万冊で、このうち7割程度の約80万冊分は市区町村教委での「採択」または採択地区協議会での「選定」を終えていた。
 採択結果を公表していたのは、全体の4割程度の約40万冊分。この中で扶桑社版の採択率は歴史が約0.9%、公民は約0.6%だった。

 ただ、現時点では、全体の5割以上の冊数分について教育委員会が採択結果を公表していないか、採択を終えていない。これらの教委や、教科書会社などに取材した結果、採択率は最終的に1%前後となる見通しとわかった。各教委は8月末に教科書採択を終える。これを受けて文部科学省は今秋、教科書会社別の採択率を発表する予定。

 17日現在で、扶桑社版の採択が明らかになっているのは、歴史・公民教科書の双方は、公立が栃木県大田原市と、東京都立のろう・養護学校など。東京都杉並区、東京都立の中高一貫校などは歴史のみを採択した。(後略)

 選定作業が7割で終了、4割が公表、という時点での集計作業ということになります。仮に1%に留まっても、前回の10倍の躍進、とは言えます。なりふり構わぬ中国・韓国の攻勢の凄まじさから考えれば、この伸びはそれなりに評価できるでしょうか・・・。少なくとも1万人を超える子供達が「新しい歴史教科書」で学ぶことが出来るようになったことは確実なわけですね。

 広島県内でも選定作業は終わっているところも多いはずですが、まだ公表されたという報道はなされていません。あるいは、文部科学省が公表するまで判らないのかも知れません。

 突然の衆議院選など、国政の混乱が悪影響を与えなければよいのですが・・・。

 市販本「新しい歴史教科書」「新しい公民教科書」が販売されていたので早速購入して、改めて確かめましたが、常識的かつ公平な内容で、教科書としても見易く、このような教科書で学べば歴史が好きになると思いました。

 聖徳太子の十七条憲法の要約が一条から十七条まで全て掲載されていましたが(P35)、(10)に、「考え方の違いで人を怒ってはいけない」とありました。「憤を断ち、瞋を捨て、人の違ふを怒らざれ」という冒頭の言葉を紹介したものですが、更に全文を読んでいけば、「共に是凡夫のみ」というあの有名な言葉が出て来るところでもあります。お互いが足らないところだらけの人間であることを認め合い、相手の言うことにも道理があり、自分にも間違ったところがあるかもしれないと、お互いがよく考え合うことによって、よりよきところに行き着くものであるはずですが、採択戦においては残念ながら、反対派の異常な挙措は相変わらずでした。元々「日本思想」などは軽んじて止まない人々なのだと思えば、あるいはそれも仕方ないのかも知れませんが、日本人ならば日本の先人の叡智に耳を傾けるだけの度量は持って欲しいものだと思います。

 同じページには、十七条憲法制定の図が掲げられています。

|

« 平成 夏の陣 | トップページ | サンフランシスコ講和条約第11条について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい歴史教科書、採択1%と朝日が報道:

« 平成 夏の陣 | トップページ | サンフランシスコ講和条約第11条について »