« 「大日本帝国の興亡」 暁のZ作戦 を手にとって | トップページ | 思い出すことども »

2005年5月23日 (月)

某大学教育学部大学院主催の教育シンポジウムの現場を垣間見て

 教育問題は、学力低下、学級崩壊などが指摘され、指導力不足教員の存在が問題となっているが、大本である、教員養成コースがどうなっているのかについて、もう少し注目されてもいいのではなかろうか。
 先般、某大学教育学部大学院主催の教育シンポジウムが開催された。
「教育学」という学問については、残念ながらまったくの門外漢であり、詳しいことは何もしらない。ただ、学生時代に、玉川大学の創始者、小原國芳先生のご著書に多少ふれた程度である。その素人の目からみて、教育関係者ばかりが集まったこのシンポジウムは、全く腑に落ちないものであった。
 「義務教育」について考えること、これは教育問題の中でも一つの核心にある問題だと思われる。国は、義務教育を終えれば、いっぱしの社会人として最低限社会に通用する人間に育て世に送り出す責任を負っているはずである。
 現在では、高校進学率が90%を遥かに上回る状況ということもあり、中学校卒業だけでは社会で働いて生きていくためには大変なハンディキャップが存在することも事実ではあるが、ごく身近に、中学校卒業のみで社長として一生懸命に仕事をして高校・大学卒の社員を抱えて頑張っている人を知っている。彼は、中学校時代、担任だった教師から、同じ事件でも新聞によって全然違うように書いてある、という一言をヒントに、新聞を読み比べ、世の中には同じ事象に対して様々な意見があり対立したり協力したりして事物を構成していることを発見し、比較しながら自分の頭で考え自らの結論を持てるようになる。いわば考える力が出来たのだが、それによって世知辛い世間を一生懸命に生き抜いてきたのだ。
 また、別の男を知っている。彼は、小学校・中学校時代は不登校で、殆ど学校の勉強は出来なかった。しかし、身近に居た兄が勉強を教えどうにか工業高校に進むことが出来た。色々な経緯があって、彼は高校卒業後、実家でアルバイトをして2年で数百万の貯金をして、希望していたコンピューター学校に行った。それから色々な経緯があって、今はインターネット関連の某有名企業で働いている。
 私は「義務教育」とは何か、「義務教育」では何を何処まで教えるべきなのか、という議論が展開されるものと期待した。
 ところが、結果は期待はずれもいいところであった。「新しい公」という概念が、教育基本法改正と抱き合わせで中教審答申として出されたとき、その問題を指摘したのは、新しい歴史教科書をつくる会現会長の八木秀次氏だった。氏が指摘し、危惧した通りに、教育学者は、「新しい公」を解釈し、利用しようとしていることがわかった。
 ニーズの多様化、という、いかにももっともらしいことを言うが、多様なニーズがあると言っても、最低限共有すべき「知っておくべき事柄」というものがあるはずである。それさえも「多様化」の名の下に否定するならば、社会生活が成り立たなくなるのも当然である。
 国民としてのコンセンサスの形成は、教育の力が大きいことは間違いない。見事に成功している例としては「平和教育」が上げられるだろう。「平和」を盾にすれば、批判・反論を許さない。このように硬直した観念を植え付けることならば「教育」ほど利用価値のあるものはなかろう。
 しかし、本来、教育の力、というものは全く別次元において、発揮されるべきものではなかろうか。
 共同体を構成する一員として必要な資質を磨くこと。最低限必要なことは、それである。そして、人間は一人で生きていけるほど強い存在ではない。共同体の一員として、あるいは共同体から来る様々な恩恵を蒙って初めて生きていくことが可能となる存在なのだ。アリストテレスの有名な定義「人間は社会的動物である」という言葉を思い起こすまでもなく、共同体から切り離された個々人ほど脆弱な動物はなかろうと思われる。
 あるいは小野田寛郎氏のように30年間殆ど孤独のままジャングルの中で生き抜く人もいた。しかし、小野田氏には行動を共にした部下が二人まで居た。二人ともが途中で「戦死」したわけだが・・・。そして更に重要なことは、小野田氏の行動の背景には、「命令」があった。それは共同体からくる命令であり、その命令を通じて、小野田氏は共同体との絆を保ち、その一員としての襟持を保ち、「たった一人の30年戦争」を戦いぬいたのだ。
 事ほど左様に、共同体との絆ほど、人間を強めてくれるものはない。人間は、それが無いとき、妄想として作りだすということまでする。ある意味において「宗教」ほどその好例になるものはない。「宗教」については全く別に考えなければならないが、共同体としての宗教の一面はどうしても否定できない考察対象になるだろう。
 教育を論じることは、共同体論に行き着かざるをえない。
 ところが、「新しい公」論は、いわば、既成の共同体が既に解体し、崩壊している、という認識から出発し、それに戻るのではなく全く別の共同体を創出することを目指して行われている。あるいは、共同体創出というベクトルすらないのかもしれない。
 ここで既存の共同体というのは、伝統社会である。伝統のある社会とは、言葉でいうほど堅苦しいものではなく、ごくごく普通の近所付き合いなど、いわゆる「世間」が成立する社会のことだ。そこには、暗黙の内に共通の理解、共通の価値観が存在する。それも単線的なものというよりは、幾つ者糸が錯綜として入り乱れる中にあって、太い縄のようになって成立しているコンセンサスである。
 およそ、そうしたものが存在しない社会というものは有り得ないのではあるが、「新しい公」論は、どうもそういう「有り得ない」ものを想定し、そこから論を起こしているように思えてならない。大体、コトバが成立していること自体が、大変重要なコンセンサスの成立であるにもかかわらず、魚が水を意識しない(だろう)ように、既に与えられている与件を無視して、観念論からスタートする。
 かつて、マルキシズムなどの擬似科学が犯した誤りをそのまま踏襲していると言ってよい。
 話は横道にそれたが、結論から言うならば、個々人の幸福の追求だけが教育の目的ではなく、より本質的に、共同体の維持・継続と発展こそが、教育、とくに公教育の目的であるはずである。それなくして個々人の幸福だけを追求するならば、公教育のサイクルは崩壊せざるを得ないだろう。それは共同体自体の崩壊につながる。結果として、個々人の幸福が成立する前提まで崩壊することになるのだ。
 それを見失っている「教育学」が、観念論議に走ったのは、ある意味当然の帰結だったと思う。
 そして、相変わらず「日の丸・君が代」がどうだというような、頭の固い観念論でしか質問できない、質の悪い大学院生の恥さらしな質問にたじろぐばかりなのだ。この貧弱にして、寒々とした、教員養成機関のある場所をこそ、解体再編して、真に教うべきことありて教える教師たる、教師を育てる場に再生していかなければならないのだろう。

|

« 「大日本帝国の興亡」 暁のZ作戦 を手にとって | トップページ | 思い出すことども »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 某大学教育学部大学院主催の教育シンポジウムの現場を垣間見て:

« 「大日本帝国の興亡」 暁のZ作戦 を手にとって | トップページ | 思い出すことども »