« 「憲法記念日」は「国恥記念日」 | トップページ | 「憲法の常識・常識の憲法」を巡って »

2005年5月 4日 (水)

9条カルト

日本国憲法 第2章
第9条「日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
�A前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」

この条項を、聖書の一節であるかのように崇め奉る人々がいる。

かつて、英文学者の佐伯彰一氏が、護憲派に対して「憲法カルティスト」という呼び名を奉ったことがあるが、それである。「日本国憲法」を不磨の大典とし、後生大事に崇め奉るその姿は、正に「カルト」と言っても外れていないように思える。

「憲法9条の理想を世界へ」などという噴飯もののスローガンさえ恥ずかしげもなく嘯く。恐らくは真面目にそういっているのだろうから、なおさらたちが悪い。

こうした面々は、必ず「反自衛隊」である。自衛隊の存在を「違憲」であるとし、ことあるごとに各地の基地へ押しかけては、「ハンタイ、ハンタイ」と叫ぶ。ゴムボートを海に浮かべてわめき散らす。まことに見苦しいことこの上ない。

「人権」が大切だというその人々は、自衛隊員及びその家族の「人権」は無視してもかまわないと思っている。ハンタイ運動が盛んな地域で、学校において、組合所属の熱心な活動家教師によって、人権が蹂躙された例は、調べたら相当なものになるのではなかろうか。

そうしたイジメは、彼らの心情からすれば無理はないのかもしれない。ヘイワのためなら、自衛官及びその家族の人権なぞ小さなことなのだろう。

しかし、自衛官は、そういう連中も含めた日本を守るために、いざという時には自らの身の危険をも顧みずに、国の防衛に当たることを宣誓して自衛官となっているのだ。

「自衛権」は独立国の最も基本的な権利であり、これなくしては国民の「基本的人権」さえ守ることが出来ないことは自明のことだ。

「戦争」は最大の「人権侵害」だ、という。そういう抽象的なことを幾ら言っても、ただ単なる寝言にしか過ぎない。

「憲法9条」という護符を持っていれば、テロリストは避けて通ってくれるものかどうか、そんな判断さえ出来なくしてしまう。

憲法9条は、拉致問題一つ解決できたか。竹島を武装侵略されても取り返すことさえ出来ないのは、政府答弁によれば憲法9条があるからだ。

国民の生命・財産も、領土さえも守れなくしているのが憲法9条であり、この条項は、ある意味最大の「反人権条項」と言える。

そのことに気付かず、寝言を繰り返す人たちが、まだこの国の中に、少しはいることが、まことにもって靴の中の石ころのようである。

|

« 「憲法記念日」は「国恥記念日」 | トップページ | 「憲法の常識・常識の憲法」を巡って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/3971932

この記事へのトラックバック一覧です: 9条カルト:

« 「憲法記念日」は「国恥記念日」 | トップページ | 「憲法の常識・常識の憲法」を巡って »