« 「ローマ人の物語」を読みつつ | トップページ | 「日本思想の源流―歴代天皇御製を中心に―」輪読ノート (4) »

2005年4月16日 (土)

反日ラプソディ

この2,3日、色々で、文章が書けませんが、世の中は何と無く騒がしいですね。

竹島問題では、韓国の都市と姉妹都市提携を結んでいるところは、色々と理不尽な思いをさせられているようで、岡山県では、抗議文が送られてきたそうです。

中国での反日デモについて、ラジオで、何となく気取った声の女性の学者が、インターネットの発達のためもあって、こうした動きになったのだそうで、世界中どこでも起る可能性がある、と、ノタマッていましたが、中国ではインターネットまで当局の厳重な監視下にあることをご存知ないらしい。

中国の反日旋風に怯えて、修学旅行をはじめ、旅行の予約が次々に解約されていることなどを報じていました。

どうも、中国をなだめるために、日本は歴史認識を正せ、と言いたいように見えて仕方ありません。

中国の若年層への反日教育による洗脳は、確かに恐ろしいと思います。それは、日本人に対しては犯罪行為も許される、という恐るべき発想に繋がっているからです。

日本における中国人犯罪にも、同様の傾向があるように見受けられますが、これも「過去の侵略の報い」だと、主張したい人々はいるようです。勿論、正面からはそんなことはいえませんが、真綿で首を絞めるような、いやらしい雰囲気がプンプン漂ってきます。

サイバー戦争も、今は、ホームページの書き換えなどという程度ですが(それも決して小さくありませんが)、更にエスカレートして、インフラに深刻な打撃を与えるような攻撃が仕掛けられないとも限りません。少なくとも、先方の良識を信頼にするには、根拠が余りにも薄弱です。

中国の反日デモは、当局がこれを反政府暴動に転化しないよう注意深くリードしながら、日本に対して、教科書、靖国、海底資源の開発、尖閣列島などについて、日本側に譲歩を迫るカードとして利用しているのではないかと思われてなりません。

何れにせよ、中・韓の狂騒には、とても付き合い切れません。竹島にしても、さっさと自衛隊を派遣して、専守防衛の個別的自衛権を発動して、取り返せばいいのです。それで韓国と全面的に対峙することになれば、それはそれでいいではないでしょうか。北朝鮮は、そのときは恐らく韓国に味方するでしょう。韓国と北朝鮮の連合軍が、対馬海峡を窺うことになるかも知れません。しかし、そんなことになったら、先ず韓国が北朝鮮に吸収されるのと同じことになるでしょう。北朝鮮は、虎の子の核兵器を使いますか?使わないでしょう。

中国に北朝鮮、この極度に反日的な国家が、二つながら核兵器を保有し、我が国の都市に照準を当てている可能性を否定できない現実。これに気付いたら、経済繁栄などと現を抜かすことは出来なくなるでしょう。気付いてみたら、国内はぐちゃぐちゃ、対外的にはぼろぼろにされるでしょう。既にそうなりつつあるように思えますが。

だらだらと書いてしまいましたが、要は、日本の場合、自分次第なのですから、かの国に対してより、我が国政府及び国民が、きちんと自らの道を切り開いていけばよいわけです。今ならまだ選択肢は数多くありますが、時を移すごとに枠が小さくなり、最後には、全くなくなってしまうことだってないとはいえないわけです。北朝鮮の人民のような境遇に陥らないために、今、何をすればよいのかを、明確に国民に示してくれる政治家が出てきて欲しいものです。

|

« 「ローマ人の物語」を読みつつ | トップページ | 「日本思想の源流―歴代天皇御製を中心に―」輪読ノート (4) »

コメント

こんにちわ★
あなたのサイトをランキングに参加しませんか?
ランキングに参加すると見てくれる人が今以上に増えますのでお得です(^^)/
ではこれからも頑張って下さい☆

投稿: 人気BLOGRANK | 2005年4月16日 (土) 午後 02時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86795/3718681

この記事へのトラックバック一覧です: 反日ラプソディ:

« 「ローマ人の物語」を読みつつ | トップページ | 「日本思想の源流―歴代天皇御製を中心に―」輪読ノート (4) »