« 日本人の神観について「古事記傳三之巻」(本居宣長)より―その5―(了) | トップページ | 広島で拉致講演会 »

2005年4月11日 (月)

「日本思想の源流―歴代天皇御製を中心に―」輪読ノート (3)

第八章 日本思想を西洋思想とくらべて

三 「神(かみ)」と「神(ゴッド)」の混同から来る現代日本における思想混乱の重大性について

日本 宗教的情操
西欧 宗教・宗教心、宗教の持つ思考

日本人=「宗教の持つ思考」によって「宗教的情操」をさらに鍛え上げ、磨き上げる。

佛教 大乗仏教として日本で開花

※明治期の重大な誤り

西欧の「ゴッド」を「神」という言葉に翻訳したこと。

→「ゴッド」の意味=「全知全能」「人はゴッドの子であって、決してゴッドになれないもの」

→「神」=日本人が心に画き、具体的に礼拝してきた神は、観念的に考え出された神ではない。
(全国津々浦々に祭られる神々)

→「古事記」に見られる神々
※西欧の多神教の神々とも趣を異にする。
※天然自然の天地万物ことごとくに神の名が冠せられ讃えられている。
⇒具体性の中に森羅万象の全てに感謝しながら生きてきたその感謝の思いそのもの。
⇒目で見、耳に聞くことのできる具体性のあるもの。
※人間の延長ともいうべき神々⇒親しみやすい祖先たち、欠点だらけ、共に是凡夫。
人の心そのものに恋愛し、泣き悲しみ、慟哭し歓喜し、「我執」の禽になり、
美しい「私情」の発露を見せる。
⇒人間の心情にあらわれる数限りない諸相を、分担して身につけておられる。

※人間の心情そのものを、大切にし、良いも悪いもなくこれを凝視し、亡き人びとの在りし日の“まごころ”を敬慕し憶念して、亡き人を「神」に「祀る」ことになる。

明治天皇御製 明治三十五年 「湊川懐古」

あた波をふせぎし人はみなと川神となりてぞ世を守るらむ

※現代の学問の混乱の根本原因
⇒日本人が日本の古典を読む基本的な力を既に失いつつあるのではないか。
⇒特に知識階層の中で、「天皇というものの価値が判らない」という声

※敗戦・占領下の更なる混乱

⇒マッカーサー総司令官…日本の天皇が「現人神」と呼ばれてきたことを取り上げ、その否定を天皇自ら宣言なさるべきことを主張。

⇒マッカーサー/「現人神」を現実の人間のゴッドと理解。日本の学者、政治家、官吏、新聞人などことごとく明治以来七十五年の「神」と「ゴッド」の混乱の中に過ごしてきたため、マッカーサーと同様にしか解せず。

⇒「神」という文字を巡る大変な誤解と認識不足。無知と不勉強。

「現人神」…天皇の“まごころ”を国民側から讃えた言葉。

「生きておられる方としては、他に比類なきほどの“まごころ”の持ち主であられる」との意味。

○天皇を語るには
歴代の天皇が具体的にお持ちになられたその“お心”をお偲びもうしあげること。
そのためには無数の御製を拝することが最も正確な方法の一つ。

○日本における祭政一致とは
歴代の天皇方がつねに皇祖皇宗の神霊をいつきまつられてきたこと
日日夜夜、二千年以上の歴史を一貫してご祖先の尊い志をうけつがれたこと
天皇政治の本旨=権力者流の権力依存のものと全く別のもの。

|

« 日本人の神観について「古事記傳三之巻」(本居宣長)より―その5―(了) | トップページ | 広島で拉致講演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日本思想の源流―歴代天皇御製を中心に―」輪読ノート (3):

« 日本人の神観について「古事記傳三之巻」(本居宣長)より―その5―(了) | トップページ | 広島で拉致講演会 »