« ”BLOG”をはじめるのが簡単だという証拠 | トップページ | 「新約聖書」を読む マタイによる福音書 第1章から第7章まで »

2005年2月25日 (金)

読書

一日一冊読破を目指して、読書に励む日々。
但し、雑読の範囲を大きくは出ていません。
何のために読書をするのか。その目的をはっきりさせずに読むのは、無駄な時間を過ごしているようではありますが、それなりの発見はあります。

英語をマスターしたい、という漠然とした思いで大学以来十何年振りに英語に向き合っていますが、漫然としていてマスターできるものでもありません。取り合えずTOEICを受けてみようと思い、3月27日の試験の申し込みをしました。

「お金と英語の非常識な関係」上下、「他人より先に洋書を読んで億万長者になろう」などを読んで、要するに漫然と「英語をマスターしたい」などという姿勢では先ず無理だということが良く分かりました。

それで、その中に紹介されていた「THE LITTLE MONEY BEBLE」という本をAmazon.comで購入してぱらぱら見ています。「金持ち父さん」も読みましたが、お金についての勉強をしっかりしておきたいという気持ちがありますので、そのためにも英語の本を読めるようになろうと、当面の目標を定めました。

これは、読書にしても同じことだと思われ、もう少し意識して読書するようにしよう、などと思っております。

年の初めに一番最初に読んだのが「国家破産以後の世界」(藤井厳喜著)というもので、極めてシビアに日本の財政状況について書かれた本です。この本を読んだので、この方の書いた本を軒並み読もうと思って何冊か購入しました。「円の消える日」「テロから超限戦争へ」はこれから読もうとしています。「新円切替」を昨日読み終わり、何とも言えない気分になっております。

経済には元々疎かったのですが、今、経済が分からないと政治も軍事も語れません。そのことが痛いほど良く分かりました。

とにかく、政治が悪いと他の全てで頑張っても、みなだめになってしまうということが良く分かります。しかし、その政治を許しているのが国民なのだから、結局、政治は国民のレベル以上には上がらないということなのでしょう。

国際情勢にしても、経済にしても、英語が出来ないと触れられる情報が日本語になっているものに限定されてしまうので具合が悪いわけです。だから、英語の勉強を始めたことと、国際情勢、経済の勉強を始めたことは必然性があるのです。

しかし、だからといって、英語が優れていて日本語が劣っているなどとは露ほども思いません。たまたま、イギリスが世界帝国をつくりあげ、それを第2次世界大戦でアメリカがそっくりそのまま受け継いだために、英語が通じる範囲が極端に広くなっているというだけのことでしょう。

日本語は本来きめ細やかな心情を表すのに優れている言語ではないかと思います。勿論、他の言語を知らないところで言っても説得力はないのですが、日本語と日本文明の持つ良さというものを、日本人が自覚して、異文明との間に適切な架け橋をかけていく作業をしていかねばならないということを思います。

まあ、余り気を張ってもいけないのですが、日本人たる意気込みをもって英語を学んでおります。(肩に力が入りすぎですね^^;)

日本語論について、思っていることを書いてみようかと思います。雑文ですから、話があちこちするのはお許しください。

|

« ”BLOG”をはじめるのが簡単だという証拠 | トップページ | 「新約聖書」を読む マタイによる福音書 第1章から第7章まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書:

« ”BLOG”をはじめるのが簡単だという証拠 | トップページ | 「新約聖書」を読む マタイによる福音書 第1章から第7章まで »