2015/03/29

明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十七年

   待花

事しげきことしの春もしかすがに花はいかにと思ふなりけり

   花

古のひとにいはれて咲く花にむかへどうたふ言の葉のなき

朝がすみたなびく山をみわたせばはつ花ざくらおもかげにたつ

ひとさかりすぎての後にたづね見む深山櫻はおそしとぞきく

おもふことしばしまぎれて庭ざくらにほふ梢をうちまもりつつ

吹く風もしづかなる日にいとまえてうちまもりぬる庭櫻かな

高殿の上より見ゆる山の端にうれしく花のさき匂ひたる

春ごとにうたげのにはにつらなりし人をぞおもふ花蔭にして

花見にといでし旅にもあらなくに山路の櫻いまさかりなり

ともなはぬ人にみせむと折らせけりふみわけがたき山のさくらを

ひと枝は折りてかへらむはるばるとたづねし山の花櫻ばな

白雲のなびくすがたに似たるかな風にたわめる山ざくら花

春雨のしづくの落つとおもひしはまことに花のちるにぞありける

たまさかのいとまを得つつ花みむとおもふけふしも春雨のふる

朝戸あけてひとりわがみる庭ざくら世にいひしらぬにほひなりけり

あたりみなをぐらくなりて山のはの花はいよいよ白くみえけり

かがり火のひかりもきえてそことなく寒くなりけり花のしたかげ

うゑしときともにありつる老人に木高くなりし花をみせばや

春ごとにかはらぬ花を友とせむうつりゆく世はさもあらばあれ

うたげして花みるけふははまどのの庭のさくらもうれしかるらむ

こずゑのみ人に知られて櫻花木がくれながら散りや果つらむ

老人もゑみさかへつつ咲きにほふ花の木蔭にあそぶ春かな

ほのぼのとあけゆく磯の家ざくらふねのうちより海人はみるらむ

   落花

をしみても折りとらざりし櫻花うてなながらに散りしきにけり

さらぬだにものなつかしき春の夜のおぼろ月夜にちるさくらかな

風ふけば雪とみだれてちるはなに庭のすみれもうづもれにけり

雨晴れし庭の木蔭にたたずめばぬれたる花の袖にちりくる

大堰川いかだの過ぎしあと見えてちりうく花のたちわかれたる

   をりにふれたる

世のためにもの思ふ時は庭にさく花もこころにとまらざりけり

絲ざくらひもとくことも遠からじ末おもげにもなりはじめけり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十六年

   花

小車の窓せばければ櫻花おもふほどにはみえぬなりけり

花かげにたくかがり火ははやく消ておぼろ月夜ぞにほひそめたる

たまだれのをすの外山はくれたれど遠山ざくらなほしろくみゆ

のき近き花のさかりになりしより窓のすだれはおろす日もなし

しづかには見る日すくなき櫻花はやちりがたになりにけるかな

おもふことみな忘られてうちむかふ花こそ人のくすりなりけれ

野も山も花のさかりになる時をうれしく旅にいでにけるかな

   花下宴

けふもまたうたげしてけり九重の庭の櫻を人にみせむと

   落 花

老松の梢もしばしくもりけり高ねの櫻風にちるらし

   をりにふれたる

旅衣たちいでぬまに九重のにはのさくらよさかりみせなむ

Img_4295


| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十五年

   花

車よりおりても見まくほしきかなはなさきつづく里の中道

旅衣こころかろくもたちいでて花にあそぶはたのしかるらむ

春ごとにあらしの山のさくら花いかがあらむと思ひやりつつ

あらしやま花のさかりを人づてに利き手ことしの春もすぎにき

櫻ばな手ごとに折りてかへるなりあす訪ふ人もあらむとおもふに

窓の外のおぼろ月夜はくらけれどしろくもみゆる庭ざくらかな

まどかなる月にむかひてさく花のさかりみる夜のめづらしきかな

あけわたる高ねはいまだくらけれどさく花白くあらはれにけり

夕月夜にほひそめたりたちいでてふたたび花のかげやふままし

大橋をわたりながらにみつるかなすぎし川べの花のさかりを

   落 花

胡蝶のみ枝にかへりて櫻ばな木のもと白くちりしきにけり

たまだれのすだれまかせていざやみむけふはさくらの散るさかりなり

道の邊のはやしのさくら風ふけばゆくへもみえず花ぞちりかふ

池水のあわかと見しは櫻あなふたひらみひらちれるなりけり

池みづにちりてうかべる花をまたただよはしても春風ぞふく

   をりにふれたる

風たえてのどかなりけり濱殿のにはの花見をもよほせる日に

見にいでし人もかへりぬみよしのの吉野のはなもちりはてぬらし

   花始開

春ごとにうれしきものは咲く花にはじめてむかふあしたなりけり


P3280075

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/01

明治天皇と昭憲皇太后のご生涯をたどる良書をご紹介いたします。

以下の著書をご紹介させて頂きます。

『絵画と聖蹟でたどる 明治天皇のご生涯』


『御歌とみあとでたどる 明治天皇の皇后 昭憲皇太后のご生涯』


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/22

お勧めメルマガ「一日一首 明治天皇御製」

新しいメールマガジンが発刊されます。

是非登録してみて下さい。



メルマガ購読・解除


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/02

明治天皇御製  大和だましひ


   鏡

国とふくにのかがみとなるばかりみがけますらを大和だましひ  37


   をりにふれたる

いかならむ事にあひてもたわまぬはわがしきしまの大和だましひ  37


   鏡

神がきのかがみのうちにやどるらむ身はなき人のやまと魂  40


   述懐

ことしあらば火にも水にも入らばやと(入りなむと)おもふがやがて大和魂  40


   をりにふれたる

世の中にしられていよよみがかなむわが敷島のやまとだましひ  40


   をりにふれて

とつくにの人にしらるる時にあひていよいよみがけやまとだましひ  41

くろがねのまと射し人もあるものをつらぬきとほせ大和だましひ  41

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/14

明治天皇御製   「歌」といふことを詠ませ給ひける大御歌

    寄道祝

〇千早ふる神のひらきし敷島の道はさかえむ萬代までに

    歌

〇天地もうごかすばかり言の葉のまことの道をきはめてしがな

    述懐

〇白雲のよそに求むな世の人のまことの道ぞしきしまの道

    歌

〇ひとりつむ言の葉ぐさのなかりせばなにに心をなぐさめてまし

〇むらぎもの心のうちに思ふこといひおほせたる時ぞうれしき

    道

〇ひろくなり狭くなりつつ神代よりたえせぬものは敷島の道

    道

〇いとまあらばふみわけて見よちはやふる神代ながらの敷島の道

    歌

〇おもふことうちつけにいふをさなごの言葉はやがて歌にぞありける

    述懐

〇ことのはのまことのみちを月花のもてあそびとはおもはざらなむ

    歌

〇まごころをうたひあげたる言の葉はひとたびきけばわすれざりけり

    述懐

〇言の葉のまことの道のひとすぢをわくるいとまのなからましやは

    述懐

〇ふむことのなど難からむ早くより神のひらきし敷島の道

    をりにふれたる

〇すなほなるやまとごころをのべよとて神やひらきし言の葉の道

    をりにふれたる

〇おもふこと思ふがままにいひてみむ歌のしらべになりもならずも

〇敷島のやまと心をうるはしくうたひあぐべきことのはもがな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/15

明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十四年

  花盛

はなざかり賑ふころは玉鉾の道もる人やいとなかるらむ

  花

乗る駒に水かひがてら見つるかな山澤がくれにほふさくらを
かげたかくなりやしぬらむ植ゑおきていでしかきねの花櫻ばな
咲きにほふ花のはやしに遊ぶまはいとまなき世もわすられにけり
咲くはなの梢くれゆく山のはをいつまでまもる心なるらむ
みねつづき咲きみちにけりさくら花けふこそ春のさかりなるらめ
玉鉾の道ぞにぎはふ世わたりのいとまに民もはなやみるらむ
しづの男は見るひまやなき小山田のわらやのさくらさかりなれども

  落花

釣がめにさしたる花も庭ざくらちる日になればとまらざりけり
風ふけば雪とみだれてさくら花ちるもひとつのさかりなりけり

  遅櫻

春寒き山したみちの櫻花おくれたりともしらで咲くらむ

  をりにふれたる

ちり残る花まだおほし今ひと日いでて遊ばむ春のそのふに

  落後思花

咲く花はあとなく散りし木のもとにいつまで残るこころなるらむ

********************************************
 一年前に途中までアップしてそのまま忘れて放置してしまっておりました。今年もまだあと少し桜の季節が残っています。

 明治34年に 明治天皇がお詠みになられた桜に関する御製です。この年は13首です。ちり残りる花を、明日は見にゆくとしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/19

明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌

明治三十九年の御製より

残花

野も山もわか葉のかげになりぬれどなほおもかげに花のみえつつ

***********************
もう、僕の住む広島の地は、桜も殆ど散ってしまいました。
山に行くと、まだ残っていますが、ちょうど、この御製に詠まれたような感じが致します。
桜の季節が過ぎてしまいましたので、ここまで紹介させて頂いた、
明治天皇御製も、来年まで続きは据え置きということにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/14

明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十三年

明治三十三年

  花

窓あけてけさもみるかなさくら花夜のまの風のいかにふきしと

さきみちし櫻のこずゑたわみけり雨のなごりのつゆふかくして

あさがすみたなびく山のさくら花うちしめりてやさきにほふらむ

木がくれし杣山ざくらさきぬやとかへる木こりにたづねてを見む

まつりごといとましあらばいでてみむ庭のさくらはややさかりなり

***************************
明治三十三年の御製は五首になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)