2010/08/31

「国民の遺書」に先行する、「父上さま母上さま~桜を恋うる英霊の声~」

 小林よしのり編「国民の遺書」が反響を呼んでいるという。


 喜ばしいことだと思う。氏ならではの一定の広がりにより、より多くの人々に「靖国の言乃葉」が広がっていくことは何よりのことだ。


 「英霊の言乃葉」


 靖国神社の御社頭に掲示されている、大東亜戦争をはじめとする日本の近代の歴史の中で、国を守るために、公に殉じて逝った英霊の方々の遺書をまとめた冊子である。


 僕の手元には、1~9までがあるが、今はも少しまとめられているかもしれない。


 最初の一冊を手に取った時の感激は古びていない。

 昭和63年7月15日初版の「父上さま母上さま」という本がある。


 これは、まさに「国民の遺書」に先行する本である。平成7年7月1日第17版が手元にあるので、おそらくは更に版を重ねているはずだ。

 神社新報社という、神社界の出版社から出されていることもあり、一般には広がりにくかったのかもしれないが、それでも売れ続けているわけだ。平成3年の改版の言葉の中に、10万人の人々に読まれている、とあるので、その時点で10万部は頒布されているということである。


 編集者の名前は書かれていないが、自分の記憶に誤りがなければ、これは、南雅也先生のお仕事だったと思う。


 満州の麻刀石の闘いで、正に鬼神も哭かしめた壮烈な戦いを行った学徒兵の生き残りの方である。


 靖国神社において毎年10月21日、学徒出陣の日を期して学生の手で行われている、「戦歿全学徒慰霊祭」が、靖国神社で斎行ことが出来るようになったきっかけが、南雅也先生のおかげだったと記憶している。


 「父上さま母上さま ~桜を恋うる英霊の声~」

この書のことも是非忘れないで、頂きたいものと思う。
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/28

「大東亜戦争殉難遺詠集」 桜花集―戦没者遺詠集― (28)

大塚  要

昭和二十年五月二十五日、陸軍特別攻撃隊第四三三振武隊として沖縄にて特攻戦死。享年二十四歳。陸軍大尉。功三級勲五等。中央大学法学部、学徒出陣。陸軍特別操縦見習士官。(茨城県)

ちはや振る 神の皇國を 護りなむ 仇なす敵に 我が身うたせて

たらちねは 我が日頃を 思ふらむ 君に忠なる 武士になれよと

一すぢに ただ一すぢに 大君の 醜の御楯と 散るぞうれしき

あさみどりの 清く澄みたり 大八洲 よせくる夷の 仇艦沈めて

ふるさとの 鎮守の森で むらひとに のべし決意を 我は忘れじ

我が写真 見て嘆くより 日本の 母と雄雄しく 生きてあれかし

永からん 生命なれども 君のため むだに死せずと 今をよろこぶ

海原に 敵をもとめて 我征かむ 明日を思ひて 今静かなり

破邪の劒 心静に 抜くときに 我に仇する 敵のほふらる

初陣を 明日に迎へて 我楽し 仇艦くだきて 華とちらむぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)