« 新葉和歌集  序 | トップページ | 新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その2) »

2015/11/28

新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その1)

   たつ春の心をよませ給うける           後村上院御製

出づる日に春の光はあらはれて年立ちかへる天の香具山

   千首の歌よみはべりし中に立春關を     中務卿宗良親王

關守のうちぬるひまにとしこえて春はきにけり逢坂の山

   うへのをのこども題を探りて百首歌つかうまつりける
   ついでに立春といふことをよませ給うける    御   製

風渡る池の氷もとけそめてうちいづる浪に春やたつらむ

   百首の歌よみはべりける中に      冷泉入道前右大臣

九重の都に春やたちぬらむあまつ雲居のけさはかすめる

   建武二年、内裏にて人々題を探りて千首の歌よみは
   べりける中に、春天象を           中務卿宗良親王

花鳥の色にもねにもさき立ちて時しるものは霞なりけり

   右大臣に侍りけるとき、家に三百番の歌合し侍りけ
   るに、渓餘寒といへる心を            關白左大臣

さえかへり又こそ谷に氷りぬれたかねに解くる雪の下水

   題しらず                       前中納言爲忠

つれもなき梢の雪も消えそめて雫ににごる松の下水

   松下残雪といふことをよみはべりける     春宮大夫師兼

風さむみ何をか春といはしろや雪だに解けぬ松の下蔭

   百首の歌よませ給うけるに、春雪を      後村上院御製

かつきえて庭には跡もなかりけり空にみだるる春の泡雪
   春の歌の中に                    妙光寺内大臣

岩根には積ると見れど瀧つせに落ては水の泡雪ぞふる

                             冷泉入道前右大臣

いとはやも谷の古巣を出でそめて人に待たれぬ鶯のこゑ

   正中八年、内裏にて人々題を探りて千首の歌をよみ
   侍りけるとき、初鶯を           福恩寺前關白内大臣

なれもまづ谷の戸いでて君が代にあへるを時と鶯ぞなく

   春の歌の中に                    讀人しらず

春くれば花にうつろふ鶯のこころの色ぞねにはしらるる

   竹鶯といへる心を                  後村上院御製

おのづから長き日影もくれ竹のねぐらにうつる鶯のこゑ

   題しらず                       中務卿宗良親王

鶯の飛ぶ火の野べの初聲にたれさそはれて若菜つむらむ

   正中廿年、内裏にて人々年中行事を題にて三百六十
   首の歌をよみ侍りけるとき、獻二若菜一といふ事をよ
   み侍りける                       前内大臣隆

千世までの春をつみてや君がため今日奉る若菜なるらむ

   百首の歌よませ給うける中に          後村上院御製

此里は山澤ゑぐを摘そめて野べの雪まも待たぬなりけり

   題しらず                      後醍醐天皇御製

春日山をのへの雪も消えにけり麓の野べの若菜つまなむ

                               大宰帥泰成親王

消初むる雪間を分けて生出づる野べの若菜も今や摘むらし

                               前大納言宗房

都人いとまありてや今日も又鳥羽田の面に若菜つむらむ

                               入道前右大臣

暮るる迄若菜は摘まじ高島やかち野の原は宿もあらじを

                               讀人しらず

|

« 新葉和歌集  序 | トップページ | 新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その1):

« 新葉和歌集  序 | トップページ | 新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その2) »