« 新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その2) | トップページ | 火野葦平 「神雷特別攻撃隊賦」 »

2015/11/28

新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その3)

   入道前關白の家にて題を探りて百首の歌よみ侍りけ
   るとき、歸雁を                             右 大 臣

足引の山こえくれて行く雁は霞のすゑに宿やとふらむ

   おなじこころを                             嘉喜門院

いきうしと思はぬ旅の空なれや人やりならぬ春の雁がね

                                         中務卿宗良親王

歸る雁なにいそぐらむ思出もなきふる里の山と知らずや

   五百番の歌合に                           御   製

春はまだわがすむ方に歸るなり蘆屋のあまの衣かりがね

   春の歌の中に                             前中納言爲忠

湊いりの葦の朽葉の霜の上にむれゐし雁も立歸るなり

                                         妙光寺内大臣

霞立つ夕の空のうすずみに末はかきけつ雁のたまづさ

   日前宮によみて奉りける五十首の中に             冷泉入道前右大臣

はては又聲もかすかになりにけり空にきえゆく雁の一つら

   中務卿宗良親王、人々にすすめてよませ侍りし住吉
   の社の三百六十番の歌合に、春動物              前大納言顯經

さすが又花に越路や忘るらむ歸りもやらぬ春の雁がね

   百首の歌よみ侍りける中に                    前大納言光任

雪げこそ猶のこるらめ吉野山花まちどほにかかる白雲

   花の百首の歌よみ侍りける中に                 民部卿光資

春といへばやがて待たるる心こそこぞみし花の名殘なりけれ

   待花といふ心をよませ給うける                  中   宮

惜しきかな徒にのみながめして花まつ程に移る日數は

   春の歌の中に                            遍照光院入道前太政大臣

待つ程の心づくしや山櫻花にものおもふはじめなるらむ

                                        前内大臣隆

咲きやらぬ日數ながらもこの頃はまつまに慰む山櫻かな

   日前宮によみて奉りける五十首の歌の中に         冷泉入道前右大臣

さかぬよりまづ面影を先だてて待つ日かさなる山櫻かな

   題しらず                               從二位儀子

年をへて待つは苦しき山櫻こころ盡さぬ春にあはばや

                                        貞子内親王

まち侘ぶる心は花になりぬれど梢におそき山ざくらかな

                                        前大納言季繼

咲きやらぬ花を待乳の山の端に雲だにかかれ紛へても見む

                                        上野太守守永親王

咲きそむる早やまがふと白雲に心をかけぬ山のはもなし

                                        後村上院御製

等閑にまつ身也せば嶺の雲かかるを花とみてややみなむ
                                        二品法親王深勝

葛城やよそに待たるる花の色のそながらあらぬ嶺の白雲

   正平廿年内裏の三百六十首の歌に題を賜はりてよみ
   て奉りけるに、尋花といふことを                 從三位國量

咲きぬべき枝を栞に今日はして明日の外山の花や尋ねむ

   後村上院吉野の行宮におましましける頃よみ侍りけ
   る歌の中に                              祥子内親王

名にしおふ花の便にことよせて尋ねやせましみよしのの山

   五百番の歌合に                           前内大臣顯

つらからむ後をばしらず尋ねゆく花のしるべに風をまつかな

   花の歌の中に                            福恩寺前關白内大臣

おしなべてまださかぬまは尋ねてもみらくすくなき山櫻哉

   海邊花といふ事を                          妙光寺内大臣

櫻花さきにけらしな濱松のおよばぬ枝にかかるしら浪

新葉和歌集 巻第一終

|

« 新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その2) | トップページ | 火野葦平 「神雷特別攻撃隊賦」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その3):

« 新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その2) | トップページ | 火野葦平 「神雷特別攻撃隊賦」 »