« 新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その1) | トップページ | 新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その3) »

2015/11/28

新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その2)

立ち渡る霞のしたの白雪は山の端ながらそらにきえつつ

   山霞といふことを                           右近大将長親

春きても川風さむしみかの原たつや霞のころもかせやま

   日前の宮によみてたてまつりける五十首の歌の中に     冷泉入道前右大臣

春くれば霞をかけてかつらぎや山の尾上ぞ遠ざかり行く

   題しらず                                 入道前右大臣

又上もあらじと見えし富士のねの霞の底にいつ成りにけむ

   浦霞を                                  中   宮

さほ姫の袖師の朝霞たちかさねても見ゆる春かな

   文中四年、内裏にて人々題を探りて五十番の歌合し
   はべりける時、海邊霞といふ事を                  關白左大臣

難波女がこやの芦火の夕煙なほたてそへてかすむ春かな

   天授元年、内裏にて人々五百番の歌合しはべりける
   とき                                    春宮大夫師兼

清見灣かすみや深くなりぬらむ遠ざかり行く三保の浦松

   正平廿年、内裏にて人々題を探りて七百首の歌よみ
   侍りける中に、野霞といふ事を                    前大納言光有

草の原みどりをこめて武蔵野や限りもしらず霞む春かな

   夜梅といふ事を                             新宜陽門院

木のもとはそことも見えて春の夜の霞める月に梅が香ぞする

   梅薫風といふ事をよませ給うける                  後村上院御製

匂ふなり木のもとしらぬ梅が香の便りとなれる春の夕風

   題しらず                                  後醍醐天皇御製

梅の花よその垣根の匂ひをも木の下風の便りにぞしる

   文中四年、内裏の五十番の歌合に、簷梅薫風といふ
   事を                                     式部卿惟成親王

こぬ人もさそふばかりに匂ひけり軒端の梅の花の下風

   題しらず                                  讀人しらず

吹く風の便り計りの梅が香をうはの空にや尋ねゆくべき

   五百番の歌合に                             前大納言實為

匂ひくる風をしるべに尋ねばや梅さく宿の花のあるじを

   春の歌の中に                               最惠法親王

吹きやめばよそに軒端の梅が香をしばし袂にやどす春風

   今上いまだみこにおましましける時、家に侍りける梅
   の花を折りて奉るとて                          福恩寺前關白内大臣

いと早も分きて手折らば春の宮に木高く匂へ宿の梅が枝

   御返し                                    御   製

春の宮に木高く匂ふ花ならば分きてや見まし宿の梅が枝

   千首の歌たてまつりし中に                       中務卿宗良親王

かざせども老は隠さで梅の花いとど頭のゆきと見えつつ

   春宮にて人々題を探りて百五十首の歌合し侍りける
   時、梅散後客といふ事を                        關白左大臣

さらに又嵐ぞつらき梅が枝の花ゆゑまちし人にとはれて

   正平十六年、内裏にて人々題をさぐりて百首の歌よ
   み侍りける時、柳を                           權大納言公夏

青柳のみどりうつろふ川の瀬に靡く玉藻も數やそふらむ

   題しらず                                  妙光寺内大臣

春かぜにけづりもやらぬ神南備の三室の岸の青柳の糸

   正平八年、内裏の千首の歌の中に、春駒を            中院入道一品

野べ遠み春の心ぞつながれぬうかべる雲の跡を見るにも

   同じ廿年、内裏にて人々題をさぐりて三百六十首の
   歌よみ侍りけるとき、遊絲を                      右兵衛督成直

ありとだに今こそ見ゆれ春の日の光にあたる野べの糸ゆふ

   千首の歌めされしついでに、春海を                 御   製

里の蜑(あま)の袖の浦かぜ長閑にていさりにくだす春の夕なぎ

   關白左大臣、右大臣に侍りけり時、家に三百番の
   歌合しけるに、庵春雨を                        前中納言實秀

山の端は霞へだててつれづれのながめにくるる草の庵哉

   千首の歌たてまつりしとき、山春月を                權中納言經高

いかばかり山のあなたも霞むらむ曇りて出づる春の夜の月

   春の御歌の中に                            後醍醐天皇御製

いかにして霞のひまの月を見むさてだに曇る習なりやと

                                          中   宮

うば玉の夜のみかすむ習ならば月にうらみや春は殘らむ

   正平廿年、内裏の三百六十首の歌の中に、禁中
   春月                                    前左近大将公冬

百敷や衛士のたく火の煙さへ霞みそへたる春の夜の月

   五百番歌合に                              前内大臣顯

鹽竈の煙になるる浦人はかすむもしらで月や見るらむ

   越の國にすみ侍りし頃、羇中の歌よみて都なる人
   のもとへつかはし侍りし中に                     中務卿宗良親王

やどからに霞むとのみや歎かれむ都の春の月見ざりせば

   百首の歌の中に                            冷泉入道前右大臣

さても身の春や昔に變るらむありしにもあらず霞む月哉

   題しらず                                 中院入道一品

いかにせむさらでも霞む月影の老の涙のそでにくもらば

                                          幸子内親王

わが袖にわきてや月の霞むらむ問はばやよその春の習を

                                          權中納言實興

さのみやは霞みはつべき春の月昔思はぬ袖にやどらば


|

« 新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その1) | トップページ | 新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その2):

« 新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その1) | トップページ | 新葉和歌集 巻第一  春 歌 上   (その3) »