« 明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十五年 | トップページ | 明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十七年 »

2015/03/29

明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十六年

   花

小車の窓せばければ櫻花おもふほどにはみえぬなりけり

花かげにたくかがり火ははやく消ておぼろ月夜ぞにほひそめたる

たまだれのをすの外山はくれたれど遠山ざくらなほしろくみゆ

のき近き花のさかりになりしより窓のすだれはおろす日もなし

しづかには見る日すくなき櫻花はやちりがたになりにけるかな

おもふことみな忘られてうちむかふ花こそ人のくすりなりけれ

野も山も花のさかりになる時をうれしく旅にいでにけるかな

   花下宴

けふもまたうたげしてけり九重の庭の櫻を人にみせむと

   落 花

老松の梢もしばしくもりけり高ねの櫻風にちるらし

   をりにふれたる

旅衣たちいでぬまに九重のにはのさくらよさかりみせなむ

Img_4295


|

« 明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十五年 | トップページ | 明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十七年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十六年:

« 明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十五年 | トップページ | 明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十七年 »