« 「大東亜戦争殉難遺詠集」 より (36) 桜花集 【徳島県】 中尾正海 | トップページ | 明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十六年 »

2015/03/29

明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十五年

   花

車よりおりても見まくほしきかなはなさきつづく里の中道

旅衣こころかろくもたちいでて花にあそぶはたのしかるらむ

春ごとにあらしの山のさくら花いかがあらむと思ひやりつつ

あらしやま花のさかりを人づてに利き手ことしの春もすぎにき

櫻ばな手ごとに折りてかへるなりあす訪ふ人もあらむとおもふに

窓の外のおぼろ月夜はくらけれどしろくもみゆる庭ざくらかな

まどかなる月にむかひてさく花のさかりみる夜のめづらしきかな

あけわたる高ねはいまだくらけれどさく花白くあらはれにけり

夕月夜にほひそめたりたちいでてふたたび花のかげやふままし

大橋をわたりながらにみつるかなすぎし川べの花のさかりを

   落 花

胡蝶のみ枝にかへりて櫻ばな木のもと白くちりしきにけり

たまだれのすだれまかせていざやみむけふはさくらの散るさかりなり

道の邊のはやしのさくら風ふけばゆくへもみえず花ぞちりかふ

池水のあわかと見しは櫻あなふたひらみひらちれるなりけり

池みづにちりてうかべる花をまたただよはしても春風ぞふく

   をりにふれたる

風たえてのどかなりけり濱殿のにはの花見をもよほせる日に

見にいでし人もかへりぬみよしのの吉野のはなもちりはてぬらし

   花始開

春ごとにうれしきものは咲く花にはじめてむかふあしたなりけり


P3280075

|

« 「大東亜戦争殉難遺詠集」 より (36) 桜花集 【徳島県】 中尾正海 | トップページ | 明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十六年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十五年:

« 「大東亜戦争殉難遺詠集」 より (36) 桜花集 【徳島県】 中尾正海 | トップページ | 明治天皇御製 桜を詠ませ給ひける大御歌 明治三十六年 »