« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

2015/01/25

坂本龍馬の歌    その2

   湊川に詣でて

月と日のむかしを忍ぶみなと川ながれてきよき菊のしたみづ

   明石の浦に逍遥して

うきことをひとりあかしの旅衣いそうつ浪もあはれとや聞く

   題しらず

人ごころ今日やきのふと変る世にひとりなげきのます鏡かな

文ひらくころもの袖はぬれにけり海よりふかき君がみこころ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂本龍馬の歌   その1

坂本龍馬

 名は直柔。土佐藩士。体格膂力共に優れ、千葉周作等に就いて剣道を学んだ。
海防の喫緊の要事なるを察し、西洋事情を究め、航海造兵の術を修めた。元治
の変後、薩長土の連合に成功し、陸援隊長の中岡慎太郎と並んで海援隊を率ゐ
て活躍した。慶応3年11月、中岡慎太郎と京都河原町の仮寓に用談中、何者か
に暗殺せられた。享年33歳。贈正4位。
 (『幕末勤皇歌人集』の紹介にやや手を加へる)

   第しらず

世の中の人はなにともいはばいへ我がなす事は我のみぞ知る

   大政返上の議決したる時

心からのどけくもあるか野辺はなほ雪氣ながらの春風ぞ吹く

   桂小五郎におくる

行く春も心やすげに見ゆるかな花なき里のゆふぐれのそら

春くれて五月まつまのほととぎす初音をしのべ深山辺のさと

藤の花いまをさかりに咲きつれど船いそがれて見返りもせず

みじか夜を飽かずも啼いてあかしつる心かたるな山霍公鳥

あらし山ゆふべ淋しく鳴る鐘にこぼれそめてし木々のもみぢば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »