« 歌会始の儀への詠進歌  来年の御題は「岸」 | トップページ | 昭和天皇御製に仰ぐ慰霊のあり方 »

2011/04/02

明治天皇御製  大和だましひ


   鏡

国とふくにのかがみとなるばかりみがけますらを大和だましひ  37


   をりにふれたる

いかならむ事にあひてもたわまぬはわがしきしまの大和だましひ  37


   鏡

神がきのかがみのうちにやどるらむ身はなき人のやまと魂  40


   述懐

ことしあらば火にも水にも入らばやと(入りなむと)おもふがやがて大和魂  40


   をりにふれたる

世の中にしられていよよみがかなむわが敷島のやまとだましひ  40


   をりにふれて

とつくにの人にしらるる時にあひていよいよみがけやまとだましひ  41

くろがねのまと射し人もあるものをつらぬきとほせ大和だましひ  41

|

« 歌会始の儀への詠進歌  来年の御題は「岸」 | トップページ | 昭和天皇御製に仰ぐ慰霊のあり方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明治天皇御製  大和だましひ:

« 歌会始の儀への詠進歌  来年の御題は「岸」 | トップページ | 昭和天皇御製に仰ぐ慰霊のあり方 »