« 山田方谷   誠に生きた幕末の巨人  その1 | トップページ | 安岡正篤先生著「日本の父母に」 »

2009/09/10

〈上杉謙信公家訓十六ヶ条〉

一、心に物なき時は心広く体泰なり

一、心に我儘なき時は愛敬失わず

一、心に欲なき時は義理を行う

一、心に私なき時は疑うことなし

一、心に驕りなき時は人を教う

一、心に誤りなき時は人を畏れず

一、心に邪見なき時は人を育つる

一、心に貪りなき時は人に諂うことなし

一、心に怒りなき時は言葉和らかなり

一、心に堪忍ある時は事を調う

一、心に曇りなき時は心静かなり

一、心に勇みある時は悔やむことなし

一、心賤しからざる時は願い好まず

一、心に孝行ある時は忠節厚し

一、心に自慢なき時は人の善を知り

一、心に迷いなき時は人を咎めず


**********************
戦国武将というものは、何という実践に裏打ちされた
教養の持ち主であったのかと思い知らされる文書だ。

現代の野蛮な時代には、こうした先人の遺訓こそ、
修養の糧にしなければならない。
**********************

|

« 山田方谷   誠に生きた幕末の巨人  その1 | トップページ | 安岡正篤先生著「日本の父母に」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〈上杉謙信公家訓十六ヶ条〉:

« 山田方谷   誠に生きた幕末の巨人  その1 | トップページ | 安岡正篤先生著「日本の父母に」 »