« 「大東亜戦争殉難遺詠集」 桜花集―戦没者遺詠集― (17) | トップページ | 「大東亜戦争殉難遺詠集」 桜花集―戦没者遺詠集― (19) »

2005/05/18

「大東亜戦争殉難遺詠集」 桜花集―戦没者遺詠集― (18)

片桐 一雄

 昭和二十年五月十五日、沖縄県首里にて戦死。享年二十三歳。中央大学専門部出身。(福島県)

ひむがしの海面さしくる朝日影その豊日影國あらたなり

朝霜の道きはまりて捕はれし同志(とも)等偲ばゆこれの白梅

裏川のみづのひびきもしづかなり散りける同志(とも)を思ひゐる夜は

泣きつつもをののきつつも君が為使命(みこと)かしこみただにつとめむ

おほらかに静もり立たす神富士の底ひに燃ゆる荒御魂(あらみたま)はや

|

« 「大東亜戦争殉難遺詠集」 桜花集―戦没者遺詠集― (17) | トップページ | 「大東亜戦争殉難遺詠集」 桜花集―戦没者遺詠集― (19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大東亜戦争殉難遺詠集」 桜花集―戦没者遺詠集― (18):

« 「大東亜戦争殉難遺詠集」 桜花集―戦没者遺詠集― (17) | トップページ | 「大東亜戦争殉難遺詠集」 桜花集―戦没者遺詠集― (19) »